NEW

スシローの一斉休業が飲食業界に与えた影響は?「働き方改革」と飲食業界の深刻な悪循環

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

スシローの店舗(「Wikipedia」より/Hanasakijijii)

 回転寿司業界最大手の「スシロー」を運営するスシローグローバルホールディングスが、2019年2月5日、6日の2日間、ほぼ全店にあたる約500店で一斉休業を実施した。スシロー全体の最新年間売上高は1748億円。単純計算ではあるが、2日間休業するとなるとおよそ10億円の機会損失ということになる。かなり思い切った施策と捉えていいだろう。

 スシローは現場の従業員からの要望もあり、働きやすい職場をつくるという「働き方改革」の一環で休業に踏み切ったという。従業員からの反応は良く、懸念していた顧客からの不満も少なかったようだ。また、ニュースでも大々的に取り上げられたことで、世間には“優良企業”というポジティブな印象を与えたのではないか。

 スシローの英断に続くように、しゃぶしゃぶ店や日本料理店などを展開する「木曽路」は、ゴールデンウィーク明けの5月7日、8日に系列の全169店舗で一斉休業を実施すると発表した。また、和食レストランなどを運営する「梅の花」も、今年5月から来年4年月までに、24日間の店休日(毎月第1・第3月曜日)を設けることを発表している。

スシローの一斉休業が飲食業界に与えた影響は?「働き方改革」と飲食業界の深刻な悪循環のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事