NEW

子宮温めると運気アップ、生理の経血コントロール…トンデモ健康法広める善意の加害者たち

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

靴下5枚重ね履きで懐妊


 スピリチュアル商法や健康食品商法が使う悪質な方法は、購買者に「○○をしなかったら不幸になる」と信じさせることだ。

 たとえば、

パワーストーンの数珠をつけていないと、不幸になる」
「オーガニック食品以外を食べたら病気になる」

と思い込ませる。これだって、本人が良ければ別にどうでもいい話には見える。

 ただ、「パワーストーンをなくしてしまった」「オーガニック以外の食材を食べなければならなくなった」という場合に困ったことになる。本当に心の病気になってしまったり、体調が悪くなってしまうのだ。

「布ナプキンも同じなんです。もし災害などで紙ナプキンしか使えない状況になってしまったら、紙ナプキンは身体に悪いと信じ込むあまり、本当に頭が痛くなったり、体調がめちゃくちゃ悪くなってしまう場合があるんです。まさに病は気からですね。この現象は、私は『呪い』だと思うんです。そもそもは『身体のケア』だったり『健康法』だったりしたものが、いつの間にか『呪い』になってしまうのって、本末転倒ですよね?」

 女性をターゲットにした健康法はほかにもいくつもある。

 身体の冷えがすべての害悪のはじまりだと考える「冷え取り健康法」では、靴下を5枚重ね履きすれば、足裏から毒素が出て健康になると教える。その結果、白髪は黒くなり、不妊は解消され、ガン細胞も消える。無論、靴下を重ね履きしただけで、そんなに良いことが起こるはずがない。

 ほかにも、身体から毒素を抜くといわれている「デトックス」、化学的に合成された肥料や農薬を使わずにつくられた食材だけを食べる「オーガニック信者」、身体の歪みを治すという「マッサージ」「整体」、サプリや食品で酵素を補えば痩せるという「酵素ダイエット」などなど、実は効果の程は定かではない、いい加減な健康法がそこら中に転がっている。

真面目な人ほどハマりやすい


 どのような人が、そのようなトンデモ健康法の呪いにかかってしまうのだろうか?

「基本的には真面目な人が多いと思います。自分で勉強しようと思って、ネットで調べてトンデモ健康法に行き着いてしまう場合が多いですね」

 ネットで調べると「トンデモ健康法」が優先的に引っかかりがちだという。

 たとえば、ダイエットを例にとると実際に痩せる方法といえば「食事を制限する」「運動する」の2つくらいしか方法はないが、ネットで調べると「骨盤の歪みを治す」「サウナに入る」「水素水を飲む」など、さまざまな方法が出てくる。

「当たり前の情報って書くまでもないことだったり、宣伝するまでもないことだったりするので、あまり出てこないんですよ。それで調べていた人が興味をそそられるトンデモ健康法を見つけてしまって、そこからのめり込んでしまうんです。真面目だから、修行のように労苦を重ねることで健康になると思い込んでいる人も多いです。布ナプキンや経血コントロールなんかはその類ですね。めんどくさがりのいい加減な人にはできません」

 また、入り口のハードルが低いため、とりあえずやってみるか? と思って参加する人もいるという。

「たとえば病院で不妊系の治療をしようと思ったら大変です。不妊系の治療はおカネがかかりますし、そもそも予約自体なかなか取れない。それだけ苦労しても、確実に妊娠できるわけではない。

 そこで悩んでいる時、ネットを見てたら『靴下を5枚重ね履きしたらご懐妊』とか書いてあるのを発見するわけです。靴下を重ね履きするのは楽なことですからね。とりあえずやってみようかと思ってしまっても仕方がないですね」

 つまり女性ならば誰でも、女性向けのトンデモ健康法にハマってしまう可能性があるといえる。

 男性も、恋人や妻がいつの間にか、トンデモ健康法にハマり大いに困ってしまうこともあるだろう。そして、呪われた女性たちは周りの女性たちにトンデモ健康法を広げていく。つまり“呪い”を広めていく。いわば善意の加害者になるのだ。

「もちろんあとから目が覚めて、後悔している人は多いですよ。怒っている人もいますけど、私は笑ったほうがいいと思います。あんな時期もあったね、と。ただ、厄落としになったとか、あれは何か意味のある出来事だった、などと考えると、また別のスピリチュアル物件にハマりかねないので気をつけていただきたいですね。

 代替医療には多くの人が興味を持つと思います。全部が全部間違ってるとは言いません。でも代替医療だけに頼るんじゃなくて、標準的な治療と並行してやるようにしてほしいですね。そうすれば最悪の事態は避けられる可能性が高くなると思います。ただ、代替医療に期待する人は、一旦一般的な医療に絶望した人も多いから、難しいんですよね」

 女性をターゲットにしたトンデモ健康法には、女性の身体を気遣っているフリをした“呪い”や“脅し”が飛び交っているのがわかった。おカネを失ってしまったり、本来治療を受けていたら治っていた病気が手遅れになってしまう可能性もある。また、家族や友人、同僚と断絶してしまい、離婚、一家離散、離職などになるケースもある。

 ネットで心をくすぐられるお手軽な健康法を見つけても、簡単には手を出さないほうが賢明だ。
(文=村田らむ)

子宮温めると運気アップ、生理の経血コントロール…トンデモ健康法広める善意の加害者たちのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、スピリチュアルパワーストーン山田ノジルの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合