NEW

iPhoneやスマホが異常に熱くなるのは何で?故障なの?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 スマホを使っていると、持っていられないほど熱くなるときがある。あまりの熱さに「故障?」と思ってしまうかもしれないが、実は正常に動作している場合が多い。もしスマホが極端に熱くなってしまった場合は、次のように対処しよう。

スマホが熱くなると遅くなるのは「セーフティ機能」が原因


 季節が変わって気温が上昇してくると、「スマホが熱くなる」といった症状が出やすくなる。スマホが熱くなると、カメラが起動しなかったり、表示がカクつくなどの現象が発生することが多い。そのため、思わず「故障?」と疑ってしまう人も多いだろう。しかし、これは故障ではなく、セーフティ機能が動作しているのが原因。スマホのバッテリーは45度以上になると劣化が始まる。これを防ぐための機能で、これ以上の温度上昇を防ぐために、使っているアプリの処理速度を落としたり、給電をストップさせるために起こる。

 動画や3Dを多用したゲームなどは、処理にパワーが必要なので、スマホが熱くなりやすい。また、直射日光が当たるなど、周囲の温度が高いところで使っても同様だ。

 もしスマホが熱くなって動作が不安定になったら、まずは電源をオフにして温度が下がるのを待とう。この間、充電するとスマホに負荷がかかってしまうので、充電はしないようにしたい。

続きは【オトナライフ】で読む

iPhoneやスマホが異常に熱くなるのは何で?故障なの?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、AndroidiPhoneスマートフォンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事