NEW

霜降り明星、千鳥…お笑いコンビは“ツッコミ”が先に売れるワケ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピン芸日本一を決める『R-1ぐらんぷり2019』(フジテレビ系)の決勝戦が3月10日に行われ、漫才コンビ・霜降り明星のツッコミ担当・粗品が優勝した。霜降り明星は昨年の『M-1グランプリ2018』でも優勝しており、粗品は史上初となるM-1、R-1の“2冠王者”となる。

「目下売り出し中の霜降り明星ですが、ツッコミの粗品が大きな結果を出したことで、全国区の人気コンビとなる道筋は完全に整ったといえるでしょう」(バラエティ番組関係者)

 ここで重要なのは、ボケのせいやではなく、ツッコミの粗品が2冠を達成したことなのだという。

「全国区のバラエティ番組では、コンビのボケ担当よりも、ツッコミ担当のほうが先に売れやすい傾向があるんですよ。フットボールアワーの後藤輝基、千鳥のノブなどはまさにその典型。タカアンドトシのタカ、NON STYLEの井上裕介あたりもそうですね。ツッコミ担当がバラエティー番組で重宝されるようになることで、後を追うようにコンビが売れていくというパターンが多いんです」(同)

 現時点では、ボケのせいやではなく、R-1王者となったツッコミの粗品に対する注目度が高いのはいうまでもない。つまり霜降り明星は、“ツッコミ先行”のパターンに見事当てはまっているのだ。

霜降り明星、千鳥…お笑いコンビは“ツッコミ”が先に売れるワケのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事