NEW

iPhoneの置き方次第でバッテリーの電池を長持ちさせる方法!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 iPhoneでバッテリーを一番消費するのが、画面が点灯しているとき。つまり、手に持って使っていなくても、通知がバンバン来て画面のライトが点くだけでバッテリーを消費してしまう。少しでもバッテリーを節約するには、実はiPhoneの置き方を工夫すれば良い。

「フェイスダウンモード」を使ってバッテリーを節約


(Image:hurricanehank / Shutterstock.com)

 iPhoneにはバッテリーを節約する機能として「フェイスダウンモード」がある。iPhoneがこのモードになると、自動ロックの設定は無視し、約10秒程度で画面が消灯しスリープ状態になる。また、通知があっても画面が点灯しなくなる。このように、余計な画面の点灯を極力防ぐことにより、バッテリーを節約する機能だ。

 この「フェイスダウンモード」の使い方は、iPhoneの画面を下に向けて置くだけ。フェイスダウンモード中にメールなどが来た場合、バイブで通知されるようになる。電話はいつもどおりに着信するので、気付かなかったということはない。

 なお、フェイスダウンモードが利用できるのは、iPhone 5s以降のiPhoneのみ。それ以前のiPhoneやiPadでは利用できないので注意しよう。

続きは【オトナライフ】で読む

iPhoneの置き方次第でバッテリーの電池を長持ちさせる方法!のページです。ビジネスジャーナルは、IT、iPhoneバッテリーの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事