NEW
工藤貴宏「幸せになるためのクルマ選び」

高速道路“最高速度120km/h時代”のクルマの選び方&走り方

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

走りの性能が違う上級車は高速巡航も楽に


 一方で、上級車種と呼ばれるクルマはどうだろうか。たとえば、コンパクトカーのホンダ「フィット」くらいになると、高速領域での走行感覚は軽自動車とは別次元だ。車体はしっかり安定し、エンジンパワーも軽自動車に比べればあるので高速巡航もしやすい。

 さらに上級車、たとえばトヨタ自動車「クラウン」くらいになれば、パワーにゆとりがあるだけでなく車体が超高速走行を考慮してしっかりとつくられているし、タイヤも高性能なものが装着されているので安定性は驚くほど高い。車体のふらつきが少なく、音も静か。高速道路で120km/hを出しても、100km/hで走るのと変わらない感覚で楽に巡航できる実力だ。

 運転に疲れてもかまわない。そう考える人もいるかもしれないが、よくよく考えてほしいのは、その弊害が疲れるだけにとどまらないことだ。高速走行時に車体が安定せずふらつきがちなクルマは、その分挙動が乱れやすく、ふらつきに起因する事故を起こすリスクが高まるということでもある。速度の高まりに応じて、運動性能のちょっとした違いが事故の可能性を高めるのだ。

 ちなみに、欧州は日本に比べて高速道路の巡航速度が高い。だから、欧州のクルマは大型車はもちろんのこと、たとえコンパクトカーであっても高速道路120km/h時代にしっかりと対応でき、安心して走れる車両が多い。制限速度のない高速道路が存在するドイツ車は、中型車以上であれば180km/hで安心して走れることを「当たり前」と考えてつくられている。

高速道路120km/h時代を踏まえたクルマ選びを


 これまで、日本の一般的なユーザーが高速走行時の安定性を考えてクルマ選びをすることは少なかったかもしれない。しかし、クルマによって大きく差があることを、まずは認識すべきだろう。上級車は走る性能も高いのだ。それを踏まえ、差が顕著に出ることになる120km/h領域で高速道路を利用するユーザーは、しっかりと高速時に走りやすいクルマを選ぶべきである。

 また、自動車メーカーは高速道路120km/h時代を踏まえて、高速道路を走る機会が少ない軽自動車といえども、車体設計にコストをかけて高速巡航性能を高める必要があるだろう。
(文=工藤貴宏/モータージャーナリスト)

高速道路“最高速度120km/h時代”のクルマの選び方&走り方のページです。ビジネスジャーナルは、連載、自動車速度高速道路の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事