NEW

『はじこい』最終回“東大前キス”に鳥肌が収まらない…平成最後を飾る“伝説のドラマ”に

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』|TBSテレビ」より

 TBS系「火曜ドラマ」枠で1月クールに放送された深田恭子主演の連続テレビドラマ『初めて恋をした日に読む話』が3月19日に最終回を迎え、平均視聴率9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。

 初回8.6%でスタートした『はじこい』は、第2話で9.0%を獲得して以降、7~8%台を推移していたものの、最後に自己ベストを更新。同日のフジテレビ系「火曜21時」枠で放送された木村佳乃主演の『後妻業』最終回は5.1%と、まさかの自己ワーストで幕引きに。また、『はじこい』の全話平均は8.5%となったが、同じTBS系「火曜ドラマ」枠で前クールに放送されていた『中学聖日記』(主演・有村架純)の全話平均6.9%を上回った。

『はじこい』は、少女漫画雑誌「Cookie」(集英社)で漫画家・持田あき氏が連載中の人気原作を実写化したもの。深田が演じたのは、高校時代に東京大学を受験して不合格に終わり、その後の人生を惰性で生きてきた主人公・春見順子。仕事は三流予備校の講師、婚活もうまくいかないアラサー女性だ。

 そんな順子と出会った“ピンク頭”の不良高校生・由利匡平(横浜流星)は、東大を目指すことを決意する。順子への思いを日に日に募らせていく匡平は、“講師と生徒”という関係にもどかしさを感じていた。前週第9話では、匡平がついに18歳の誕生日を迎え、あらためて順子に告白。しかし、東大の受験日当日、順子が事故に遭い意識不明になってしまう。

 そうして迎えた最終回……。順子が運ばれた病院には、父・正(石丸謙二郎)と母・しのぶ(檀ふみ)、幼馴染の松岡美和(安達祐実)、そして、いとこの八雲雅志(永山絢斗)の姿が。第9話で順子にプロポーズしていた雅志は、大事な仕事を投げ出して駆けつけていた。一方で、匡平は心配な気持ちを抑えて順子のためにも受験に集中することを選択。匡平が葛藤する様子に、インターネット上の視聴者たちからは「ユリユリ(匡平の愛称)偉い! がんばって!」「ユリユリがツラそうで私も胸が張り裂けそう」とのエールが殺到。また、そんな匡平を演じる横浜に対して「切ない表情の演技がどんどん上達してる」「苦しさが伝わってくるお芝居。これからが楽しみな俳優だね」といったコメントも寄せられた。

 その後、意識が戻った順子は雅志にプロポーズの返事をする。答えは「好き」だけど「ごめんなさい」。雅志も薄々わかっていたようで、優しく受け止めていたが、彼を応援していたネットユーザーたちは「雅志がいいヤツすぎて泣ける」「私だったら絶対に雅志を選ぶのに!」「雅志~! やっぱり“いとこ”の壁がね……」「雅志をなぐさめてあげたい! 雅志なら必ず幸せになれるよ!」「ていうか雅志が幸せになってくれないと嫌だ!」とさまざまな感情を書き込んでいた。

「ということは、順子はユリユリを選ぶのか」と思われたが、やはり“年齢”の壁も高かった。結局、2人が再会したのは東大合格発表の日……。匡平は見事合格しており、順子に直接報告するも、順子はお互いの今後を思って“雅志と結婚する”と嘘をつく。この展開には、ネットユーザーも「おいおい、順子何言ってんだよ」「もうユリユリとくっつけよ! まだ引っ張るのかよ!」とイライラ。

『はじこい』最終回“東大前キス”に鳥肌が収まらない…平成最後を飾る“伝説のドラマ”にのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、TBSドラマ初めて恋をした日に読む話深田恭子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事