NEW

『はじこい』最終回“東大前キス”に鳥肌が収まらない…平成最後を飾る“伝説のドラマ”に

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 だが、そんな視聴者の怒りを代弁してくれたのも雅志で、彼は順子の嘘を知ると「失礼だ」と叱ってくれた。さらにもうひとり、やはり順子に思いを寄せていたもののあきらめた高校教師・山下一真(中村倫也)も、教え子の匡平に“真実”を密告。ネット上には「雅志も山下先生もナイス!」「雅志も山下くんも、順子とユリユリの両方を大事に扱ってくれるから好き……」と感動が広がっていた。ちなみに、高校教師を辞めて政治家の秘書に転身した山下が、今回“メガネ&スーツ”姿で登場すると、「色気がだだ漏れてる!」「カッコよすぎて息が止まりそう」という書き込みも続出した。

 順子の結婚が嘘だったと知った匡平は、もう一度彼女に会いに行ったが、ここでも「さよなら」を選択してしまう2人。こうして視聴者は焦らしに焦らされたわけだが、最終的には順子が自分の気持ちに正直になり、東大まで匡平に会いに行く。そして、ようやく順子と匡平の“ハッピーエンド”を迎え、ネットユーザーも「めでたし、めでたし!」「東大で、みんなの前でキスとか恥ずかしいけど……ユリユリが報われて良かったよ!」「これで終わりなんてさびしい! 順子とユリユリの結婚式まで見せてほしい!」などと盛り上がっていた。

 本当に毎週「みんなに幸せになってほしい!」と願わずにはいられないほど、愛にあふれたキャラクターばかりだった同ドラマ。そして、ベタベタの“少女漫画展開”も「それが良い」と思えたし、あらためて深田とこのような作品の相性の良さを実感した。現在、深田は実業家との熱愛が報じられているが、結婚したとしても、こうしたラブコメディのヒロインを演じ続けてもらいたい。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

『はじこい』最終回“東大前キス”に鳥肌が収まらない…平成最後を飾る“伝説のドラマ”にのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、TBSドラマ初めて恋をした日に読む話深田恭子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事