NEW

細川茂樹は“被害者”だった…パワハラ理由に所属事務所が解雇、裁判所が無効と判断

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
細川茂樹オフィシャルブログ」より

“家電俳優”として人気を集めていた俳優・細川茂樹。前所属事務所との契約問題を扱ったTBSの報道に、BPO(放送倫理・番組向上機構)が「放送倫理上問題がある」と決定を下して注目が集まっている。

 前事務所から一方的に契約を解除されたことをめぐり細川は、2017年1月に契約解除の無効確認を求めて東京地裁に申請。2月に前事務所側に契約続行を命じる仮処分が決定され、その後、5月に契約終了となった。

 しかしTBSは同年12月放送の『新・情報7days ニュースキャスター 超豪華! ランキング2017決定版』で、この仮処分の内容に触れないまま「所属事務所からパワハラを理由に契約解除を告げられた」「契約終了というかたちで、表舞台から姿を消した」などと放送。細川が過去に発した「誰に何を言われようと、やんちゃに生きていきますね」というVTRも流れるなど、細川のパワハラを印象づけるような報道がなされたのだ。

 放送を受けて細川は2018年1月、「名誉・信用を侵害する悪質な狙いがあった」としてBPOに申立書を提出。審議の結果、「当事者の主張が食い違う紛争・トラブルを扱いながら仮処分決定に触れなかったこと、使用したVTR素材が申立人の名誉や名誉感情に対する配慮に欠いていたことの2点について、放送倫理上の問題がある」と結論づけた。

 BPOの判断が下されると、細川はブログで「BPO決定のご説明」と題して代理人弁護士のコメントを投稿。さらに以下コメントを掲載している。

「審理の過程をふまえて我々が至った結論は、番組側は『裁判決定を放送したくなかった』ということ、それが明確になりました」

「この放送は『裁判決定を伝えていないこと』に『意図』があります」

 前事務所との契約終了直前、インターネット上などで執拗な嫌がらせを受けていることをブログで告白していた細川。2018年5月には脅迫コメントを投稿したとして無職の男が逮捕されており、細川は今年3月3日にブログで改めて誹謗中傷に対する警鐘を鳴らした。

細川を脅迫した犯人に有罪判決


 細川といえば、前述のとおり2016年に前事務所スタッフへのパワハラを理由に前事務所から契約を解除され、メディアでも大きく取り上げられた。だが、結果的に東京地裁が前事務所側に契約続行を命じる仮処分を下したことで、細川の汚名は晴れたことになる。

細川茂樹は“被害者”だった…パワハラ理由に所属事務所が解雇、裁判所が無効と判断のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、BPOTBS細川茂樹の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事