NEW

細川茂樹は“被害者”だった…パワハラ理由に所属事務所が解雇、裁判所が無効と判断

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 では、なぜ前事務所は細川との契約を解除するに至ったのか。現在、細川の連絡窓口となっているウェール法律事務所に取材を申し入れたところ、以下の回答が寄せられた。

「皆様方にお伝えできることは、その都度、細川茂樹さん(以下、本件俳優と言います。)の公式サイト、及びオフィシャルブログにて既に配信され、お答えしている内容であります。そちらをご参照いただきたく存じます。

 東京地方裁判所は、芸能プロダクション株式会社サムデイに司法の判断を下し、警視庁は、本件俳優を脅迫した犯人を逮捕し、有罪判決となり、BPO人権委員会は、本件俳優を扱った番組に関して、『放送倫理上問題がある』番組内容であると、委員会決定を通知、公表しました。

 本件俳優が上記の事案の被害者であるということを、正確にお伝えいただきたく存じます。今後もご支援の程、よろしくお願い申し上げます」

 タレントと芸能事務所の契約問題が注目されるなか、この事案が持つ意味は重い。
(文=編集部)

細川茂樹は“被害者”だった…パワハラ理由に所属事務所が解雇、裁判所が無効と判断のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、BPOTBS細川茂樹の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事