NEW

NGT48運営元、暴行事件会見で虚偽説明の疑い…山口真帆が運営元を“公開処刑”&反論

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山口真帆(公式ツイッターアカウントより)

 アイドルグループNGT48の運営元は、メンバー山口真帆への暴行事件に関する第三者委員会の報告書を21日に発表。翌22日には記者会見を開いたが、その会見内でまたもや“事件”が起きた。

 会見に出席した松村匠取締役らは、暴行事件へのメンバーの関与はなかったものの、42名中12名が一部のファンと“つながり”を持っていたと報告し、その責任は運営体制の不備にあったとして、当該メンバーへの処分等は行わないと説明した。

 これを受け山口は、会見が行われている時間帯に、自身のTwitter上で次のように投稿した。

「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」

「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりというのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないとおっしゃっていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」

「只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました。コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません」

「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。私が謝罪を拒んだら、『山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる』と言われました。他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました」

 会見でこの山口の投稿について質問を受けた松村取締役は、「ちょっと待ってください」と言った後にしばらくの間、沈黙し、「(会見での発言について)訂正させていただきます」「私の勘違いでした」などと発言した。

「運営元としては今回の会見で事件の幕引きを図ったわけですが、解決どころか、かえって事態を悪化させてしまいました。あろうことか第三者委員会の報告書を説明する会見で虚偽の説明をしたというイメージが広がったことは、致命的といえますが、さすがに運営元も、会見中に山口から“公開処刑”されるとは予想だにしていなかったでしょう」(テレビ局関係者)

 当サイトは、1月26日付記事『NGT48、一部メンバーにファンと交際疑惑か…グループ存亡の危機』でNGT48の内情について報じていたが、今回、改めて同記事を再掲する。

---以下、再掲---

 やっと“通常営業”に戻るかのようにみえたNGT48の前に、再び暗雲が立ち込めつつあるようだ――。

 今月、メンバーの山口真帆が自身の暴行被害をSNS上で告発したことに端を発する騒動を受け、劇場公演を休演していたアイドルグループのNGT48。25日に15日ぶりに行われた研究生による公演で、2月中にも正規メンバーによる公演を再開すると発表された。

 一連の騒動をめぐっては、メンバー間の確執や一部メンバーとファンとの“近過ぎる距離”などが取り沙汰されてきたが、ここにきて事態は収束しつつあるかのようにみえる。

 そんななか、かつてNGTファンを公言していた漫画家の小林よしのり氏はニコニコチャンネルの自身の公式チャンネル「小林よしのりライジング」上で、「この事件の核心は、NGTの不良メンバーが、不良ヲタを相手に『枕営業』をすることが常態化し、運営がそれを黙認していたということに尽きる。『枕営業』という言葉が悪ければ『援助交際』だ」と発言。24日発売の「週刊文春」(文芸春秋)も、一部のメンバーがファンと交際していたと報じている。週刊誌記者は語る。

「NGTの一部メンバーがファンと交際している、もしくは日常的に接するなど非常に近い関係にあることは、熱心なファンであれば誰もが知っていることです。他のAKB48グループとは違い、NGTが拠点とする新潟市は人口80万人ほどの規模で、どのメンバーがどこに住んでいるかや、どこによく出没するのかといった情報もバレやすく、どうしてもメンバーとファンの距離が近くなってしまうのは仕方ないでしょう。

 今回、山口に暴行をはたらいたのは熱狂的なNGTの追っかけグループであり、一部メンバーとつながっていたとも報じられています。このグループの日頃からの問題行動については、以前からファンやメンバーの間でも苦情が出ていました。ただ、運営元にとって頭が痛いのは、グループの発足から3年以上たつものの、いまいち人気が浮上しないなかで、こうした熱狂的なファンを排除して敵に回してしまうと、ファン離れの引き金になってしまう恐れがあるという点です。こうした事情も、運営元が毅然とした対応に出られなかった要因の一つにあるのではないでしょうか」

アイドルグループ運営の難しさ


 また、別の週刊誌記者は語る。

NGT48運営元、暴行事件会見で虚偽説明の疑い…山口真帆が運営元を“公開処刑”&反論のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、NGT48山口真帆指原莉乃の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事