NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

『まんぷく』朝ドラの“プロジェクトX化”の成功と福子の物語描写の失敗

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
連続テレビ小説『まんぷく』|NHKオンライン」より

 連続テレビ小説(以下、朝ドラ)『まんぷく』(NHK)が今週、最終回を迎える。

 物語は、インスタントラーメンを生み出した日清食品(現・日清食品ホールディングス)創業者の安藤百福とその妻・仁子の半生をモデルとした、戦中・戦後を生き延びた夫婦の話だ。ドラマ内で安藤百福にあたる立花萬平を演じたのは長谷川博己、妻の仁子にあたる福子を演じたのが安藤サクラ

 是枝裕和監督の映画『万引き家族』(ギャガ)を筆頭にさまざまな映画・ドラマに出演し、すごみのある演技が評価されてきた安藤は、30代の女優の中ではダントツの存在感を見せている。そんな安藤が朝ドラに出演するのなら、すさまじいヒロインになるのではないかと期待した。

 脚本は福田靖。代表作は、木村拓哉が検事を演じたドラマ『HERO』(フジテレビ系)や、大河ドラマ『龍馬伝』(NHK)。近年は、医療ドラマ『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系)や学園ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)といった経営の観点から物語を手がける、社会派テイストのコメディを得意とする脚本家だ。そんな福田が朝ドラで、安藤サクラという怪物をどう見せるのか? 期待していた。

『まんぷく』の斬新な試み


 昭和13年(1938年)、ホテルで電話交換室の仕事をしていた今井福子は発明家の萬平と出会い、姉の咲(内田有紀)の結婚式で萬平が発明した幻灯機を借りたことをきっかけに交際をスタートする。人々の生活に役立つものをつくりたいという萬平を支えながら、福子は戦前・戦中・戦後を駆け抜けていく。

 萬平は新しい商品を発明して、事業を起こしてはさまざまな障壁にぶつかる。物語前半は、そんな萬平と福子の受難が次々と描かれる。そして物語後半、ついにインスタントラーメンの開発に着手するのだが、ラーメンづくりにおける失敗と成功の過程を延々と見せていくという展開には驚かされた。

 毎話々々、スープの成分や麺の硬さに関する試行錯誤を延々と見せられていると、ドラマというよりは料理バラエティを見ているような気分になるのだが、ものづくりの試行錯誤の過程そのものを見せる思い切りの良さは、朝ドラとしても連続ドラマとしても、とても斬新な試みだったといえよう。

 劇中でラーメン開発が描かれた2月頃、日清のチキンラーメンが全国で売り切れたという。気持ちはとてもわかる。本作を見ていると、ラーメンが食べたくなる。

『ゲゲゲの女房』を筆頭に、偉業を成し遂げた夫を支えた妻を主人公にするという展開は、朝ドラにおけるひとつの成功パターンとなっている。『まんぷく』もそのパターンをなぞった朝ドラで、ラーメン開発をめぐる物語は楽しめた。しかし、福子の物語は最後まで薄味に思えた。

 朝ドラのおもしろさは“ヒロイン”をどう描くかにかかっている。ひとりの女性の生き様を丁寧に描き、その姿が魅力的であることが朝ドラの成功条件だ。

 かつて、朝ドラは古臭いドラマの代名詞で、ヒロインは良妻賢母の保守的な優等生として描かれていたが、80年代にトレンディドラマが社会で自由に生きる働く女性を描くようになると、時代に置き去りにされ、朝ドラヒロインという言葉は揶揄の対象となった。

『まんぷく』朝ドラの“プロジェクトX化”の成功と福子の物語描写の失敗のページです。ビジネスジャーナルは、連載、NHKまんぷくドラマ安藤サクラの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事