NEW

青山学院初等部“入学口利き”報道…名門私立小学校“入学”の腐りきった実態

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青山学院初等(「Wikipedia」より/あばさー)

「私立小学校での情実入学というのは、どこでもごく普通に行われていることです」

 青山学院初等部への入学に際して、300万円の寄附をし、同学校法人理事長や院長をレストランや大相撲の枡席で接待したが、結果は不合格。子どもの入学を果たせなかった親の告発記事が「週刊文春」(文藝春秋/3月21日号)に載った。

 これは特別なケースなのか。よく行われていることなのか。受験事情に詳しい業界関係者に聞いたところ、帰ってきたのが冒頭の言葉だ。

「これは有名大学の話ですけど、大学の教授が小学校の校長になって、口利きや不適切な入学を一切やらないことにしたんです。そしたら成人向けビデオ監督の長男が実力で入ってきたんです。父兄からの猛反発があって、先生に自殺者が出たりもして、教授は校長を追われました。それから入学方式は元に戻りました」

 ブランドを重視する小学校では、職業に貴賎はないとか、子どもは親の職業に関係ない、などという正論は通用するはずもない。

「やはり家柄がいいとか、素性のわかった親御さんのお子さんを集めたいということになります。慶應を出てエリートコースを歩んだり、起業して成功した人は、子どもを幼稚舎から入れますね。青山も同じで、そこの出身者の親御さんが子どもを入れたいという場合が多くて、学校側もOB・OGを大事にしますから入れますよね。『ああ、あの先生なら知ってます。懐かしいなあ』という感じで打ち解けたり、実際、教わった先生なら『お前の子なら、なんとかしなきゃな』となります。どんな教育が受けられるのかも知っているし、モンスター・ペアレントになることもない。そういう人たちの子どもで、ほぼ埋まってるのではないでしょうか。

 その場合、学校に寄附をすることがあるでしょうが、母校に寄附するのだから、なんらおかしいことはない。青山学院はミッションスクールですから、教会があります。教会に寄附するというのは、これもまた当たり前の行為です。その場合、寄附金と入学がバーターになっているかどうかは、阿吽の呼吸というところでしょう。

 青学出身者で子どもを青山学院初等部に入れたといえば、蓮舫さんとか、桑田佳祐さんがいます。あのくらいの成功者になれば、300万円くらいの寄附だとしたら、ほんのポケットマネーでしょう。もちろん、彼らのお子さんなら、学校側も歓迎するでしょう」

青山学院初等部“入学口利き”報道…名門私立小学校“入学”の腐りきった実態のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事