NEW

人材派遣会社が“人材不足”でバタバタ倒産している…企業のAI活用→人員削減も追い打ち

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――人手不足の一方で、メガバンクなどの金融機関はリストラを続けていますね。

箕輪 メガバンクではAI(人工知能)などを利用して人材の3割程度をカットし、省力化していくのがトレンドになっています。その3割の人材がどこに流れていくのかが問題ですね。今は、AIなどの技術革新によって少ない人材でビジネスを回す時代への過渡期といえます。

改正派遣法で「派遣切り」「雇い止め」の危惧も


――特に地方の人手不足が深刻化していますが、地方の派遣会社の動向はどうですか。

箕輪 地方の場合、派遣先がほぼ固定されているケースが多いのですが、その派遣先が業績悪化したり事業所を閉鎖したりすると、派遣会社のほうも行き詰まってしまいます。そのため、地方の派遣会社の倒産も多いです。

 たとえば、前述した日本ソフト工業は精密機械メーカーのカメラファインダーの組立・加工などの業務に人材を派遣していましたが、派遣先業種の不況の影響を受けてしまいました。生産ラインを機械化するメーカーも多いため、今後も同様のケースは起きるかもしれません。

――15年9月に施行された改正労働者派遣法では、派遣社員の無期雇用への転換などの措置が設けられていますが、影響は出ていますか。

箕輪 効果や弊害が顕在化するのは、これからでしょう。派遣社員が正規雇用になりやすくなることで、派遣会社とすれば新たな派遣スタッフを確保しなければならないため、困惑していることは確かです。また、本来は改正派遣法は派遣社員の処遇向上を推進するためのものですが、派遣先の「派遣切り」や「雇い止め」なども危惧されています。これらについても、引き続き注視していく必要があるでしょう。
(構成=長井雄一朗/ライター)

【※1】
負債1000万円以上、個人事業者を含む、法的整理を集計。

人材派遣会社が“人材不足”でバタバタ倒産している…企業のAI活用→人員削減も追い打ちのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、AI人手不足倒産派遣会社の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事