NEW
伊達軍曹「『今月の販売台数No.1』に見るニッポンの今」

ホンダN-BOXが日産ノートの1.6倍売れている理由…安価な車ばかり売れる“光と影”

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダN-BOX

 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している「乗用車ブランド通称名別順位」によれば、2019年2月の販売台数総合1位は、またもや日産自動車の「ノート」だった。

 だが、19年2月度の“真の”総合1位は、日産ノートではない。それは、本田技研工業(ホンダ)の「N-BOX」という軽自動車だ。

 自販連が毎月発表している販売台数データは、登録車(軽自動車の規格を超えた自動車)だけを対象としており、軽自動車は含まれていない。軽自動車については、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が、別口で独自に集計および発表しているのだ。

 それによれば、19年2月にもっとも数多く販売された軽自動車はホンダN-BOXで、その数は2万391台。同年同月の日産ノートの販売台数が1万2910台なので、ダブルスコアまではいかないものの、日産ノートの1.6倍ぐらい売れているのだ。

 そのことがもたらす“光と影”について、今回は記したい。

ホンダN-BOXが売れるワケ

 クルマに詳しい人、あるいは軽自動車全般との接点が多い人には今さら説明不要だろうが、ホンダN-BOXは「軽トールワゴン」というジャンルに該当するクルマだ。基本的には、四角い箱型で、なおかつ非常に屋根が高いタイプの軽自動車のことである。

 読者各位には、現行型ホンダN-BOXを運転した経験を持つ方はそう多くないのではないかと推測するが、そういった方がN-BOXの写真を見ると、こう感じるかもしれない。

「こんなに背の高い軽自動車なんて、カーブとかでグラグラしちゃって大変なんじゃないか」

 その気持ちもわからないではないが、事実はまったく異なる。

 17年9月に登場した現行型(2代目)のホンダN-BOXは、これだけ背が高い軽自動車であるにもかかわらず、まったくグラグラしない。いや「まったくしない」というと大げさだが、少なくとも「あんまりしない」とは断言できる。

 初代のヒットを受け、さらなる進化を遂げるべく、2代目N-BOXにはホンダ渾身の新型プラットフォームが適用された。

 これがまた、本当に秀逸な車台なのだ。極めて背高ノッポで、その割に横幅は狭いこのクルマを、まるで宇宙の物理法則を無視するかのごとき安定感をもって走らせてくれるのが、この新しいプラットフォームだ。

 そして搭載されるエンジンも、ノンターボのほうであってもまあまあトルクフルで、ターボのほうに至っては「かなりトルクフル!」と感じられる逸品。

ホンダN-BOXが日産ノートの1.6倍売れている理由…安価な車ばかり売れる“光と影”のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事