NEW

競馬・馬券、内田裕也さんは3連単の上位人気120通りをすべて買い込んでいた!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内田裕也さんが表紙を飾った「競馬大予言」

 3月17日、ロック歌手の内田裕也さんが肺炎のため79歳で死去した。故人を惜しむように、生前の人柄を示すような豪快なエピソードや行動が伝えられているが、約8年前に私がお世話になった際の話を振り返ってみたい。

 2011年11月20日。民主党政権が主催する公開型の「提言型政策仕分け」に出席し、蓮舫内閣府特命担当大臣に花束を渡した足で、内田さんは銀座へ向かっていた。

 内田さんを出迎える私は、昭和通りで待っていた。数分後、白いジャージに黒いジャケット姿の内田さんが、こちらへ向かってくる。すれ違う女子高生がテレビで見かけるロックンローラーの姿に驚いている。

「はじめまして。本日はよろしくお願いします」と頭を下げると、内田さんは私の目を見て「おぉ、ヨロシク!」とあいさつしてくれた。この日、私は自分がかかわる競馬雑誌「競馬大予言」(笠倉出版社)の企画で、内田さんに登場していただいたのだ。

 コーナータイトルは「ロックンローラーの馬券塾」。内容は「その日のレースを予想して馬券を買っていただく」「競馬に関する思い出を語っていただく」「表紙を飾っていただく」の3つである。喫茶店の個室で競馬新聞を開いた内田さんは「よし、ここからいくか」と新潟メインの福島記念を予想した後、軽くジョークを飛ばした。

「原子力だTPPだなんて言った後、ここ(競馬雑誌の取材)に来るヤツなんかいねぇだろ。今年は震災で世の中がおかしくなり、ついでに俺もおかしくなっちゃった」

 半年前に起きた、交際中の女性とのトラブルをネタにしてくれたのだ。その一言で笑いが起きた直後、同行していた編集者が内田さんがマークしたカードと現金を受け取った。マークカードに券種が記されていなかったため、編集者が「これは3連単ですよね?」と聞いたところ、内田さんは顔をゆがめて叫んだ。

「てめぇ、クセぇなこら」

 鼻が悪い私は気づかなかったのだが、その編集者は前夜、餃子をたんまりと食べてきたという。二日酔いが抜けていない彼に「なんと緊張感がないのだろう」とあきれていたが、近しい者でさえ言いづらいことを内田さんは迷いなく指摘した。

 ヤバい、機嫌を損ねたかもしれない。そう思った私は、カバンから3枚の写真を取り出した。それは、内田さんが主催してきた「ニューイヤーズ・ワールド・ロックフェスティバル」のライブ風景の写真だ。

「内田さん、実は私、高校生の頃から通わせていただいておりました」

 ビートたけし、沢田研二、ラッツ&スター、ARB、スターリン、アナーキーといった当時の出演アーティストをバックステージから写した写真である。どこからかバックステージパスを手に入れた仲間が私にくれたおかげで、私は楽屋裏でライブを目にしていた。

 ライブ終了後、エレベーターに乗り込んだ際に内田さんと一緒になると、内田さんは私を見て「誰だお前は」といった視線を投げかけた。当たり前である。ライブの主催者にあいさつもなく、クソガキがチョロチョロしているのだ。

「内田さんに見つめられた直後、ブルッて頭を下げました」と告げると、内田さんは笑顔で「わはは。そうか。おい、ビール頼んでくれ」と機嫌を直してくれた。「話の流れで出してみよう」と思ってアルバムから抜き取ってきた写真が、思わぬところで役立ってくれた。

競馬・馬券、内田裕也さんは3連単の上位人気120通りをすべて買い込んでいた!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、内田裕也競馬馬券の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事