NEW

スマホを「水没」させてしまった!そんなときの対処法とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 スマホを故障させてしまう事故のひとつである「水没」。どんなに注意を払っていても、手が滑って水の中に……ということは起こり得る。防水スマホも増えているが、防水でないスマホを水に落としても慌てず対処できるように、水没時の対処方法は覚えておこう。

水没させてしまったらSIMカードなどをすぐに取り外して乾燥させる


 防水対応でないスマホが水没すると、本体内に侵入した水が原因で故障する恐れがある。電源が入っていると、漏電やショートを引き起こす可能性もある。水没だけでなく、大雨でスマホが濡れてしまったといったシーンでも注意が必要だ。

 スマホが水没してしまったときは、「電源をオフにする」→「パーツを取り外す」→「水分を拭き取る」→「乾かす」という段取りで対処する。スマホが水没したときはすぐに電源をオフにし、取り外せるパーツを取り外そう。取り外すのは、SIMカード、SDカード、バッテリーだ。機種によっては取り外せないものもあるので、その場合は該当するものだけを取り外す。

 すべてのパーツを取り外せたら、水分を丁寧に拭き取っていこう。本体は乾いたタオルで拭き取っていく。ヘッドホンジャックやスピーカーの穴などは、綿棒やティッシュペーパーなどを使って丁寧に拭き取ろう。SIMカードやSDカードを読み取る端子が水分で腐食すると、データを紛失したり通信ができなくなる恐れがあるので、これらも拭き取ることを忘れないように注意したい。

 あとは、スマホを乾燥させる。日当たりのよいところだと、スマホの内部が熱を持って故障の原因になる可能性があるので、日陰で風通しのよいところで乾燥させる。3~4日乾かせば大丈夫だろう。急いでいる場合は、ジップロックなどの密閉できる保存袋にスマホと乾燥剤を入れて密封する。これだと、1~2日程度で乾かせる。なお、乾燥させる際にやってはならないことがいくつかある。これらはスマホを故障させる恐れがあるので、絶対にやらないようにしよう。

続きは【オトナライフ】で読む

スマホを「水没」させてしまった!そんなときの対処法とはのページです。ビジネスジャーナルは、IT、スマートフォン故障防水の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事