NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

赤松衆院副議長、地元有権者の女性にヴィトン品をプレゼントの疑惑…違法性を問う声も

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤松広隆衆院副議長(写真:毎日新聞社/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 4月1日、新元号が発表になりましたね。みなさんも楽しみにされていたのではないでしょうか。永田町でも、午前11時半頃の発表をみんなが心待ちにしていました。今回の情報管理は見事に徹底されていて、安倍晋三首相、菅義偉官房長官、麻生太郎財務大臣の事務所の秘書たちに様子を聞いても「わからない」とのことでした。

 議員会館の事務所では、官房長官の記者会見をCS放送のライブ中継で視聴することができます。いつもは、ながら作業でその会見を聞いていますが、1日は菅官房長官の登場を待つ記者たちの緊張感も伝わり、かたずをのんで見守っていました。

 発表前の菅官房長官、声がちょっと震えていましたね。そして、「令和」であることを発表したときには、カメラのフラッシュがすごくて目を開けていられなさそうな様子でした。

 ちなみに、「令和」の字を書いたのは「官邸書家」という内閣府大臣官房人事課の職員です。報道で披露される元号や官記などの揮毫を専門とする辞令専門官なのです。身分は公務員ですが、一般の試験採用ではなく書家が任命されています。

 そのため、「令和」の墨書の著作権は内閣に帰属するということになりますが、内閣官房としては「コンテンツとして利用する分には問題ない」とのことです。「出典は首相官邸ホームページ」と入れればいいそうですが、実質的にフリーということでしょう。実際、発表直後に「ポスターに印刷していいのか」「のぼりに使用したい」との問い合わせが殺到したそうで、後述する「令和饅頭」にも、あの字のコピーが使用されています。各地でつくられているポスターやのぼりへの使用も、同様に認められているようです。

 そして、発表を聞いた国会女子たちの感想は「ほほー」程度でした。こういうのは発表されるまでは楽しみですが、あとはバタバタです。支援者などの関係者に連絡し、「令和新時代」や「令和元年」などのフレーズを入れたメッセージを送ったり、地域によっては地方選挙のポスターに貼るステッカーの印刷やのぼりづくりの手配をしたりして1日が終わりました。

新元号候補「英弘」に批判続出の理由


 思えば、新元号制定をめぐってはいろいろありましたね。JR大阪駅では新聞の号外を奪い合う人たちでパニックになり、警察が出動する事態となったそうです。

 永田町もパニックとまではいきませんが、すごいことになっていました。たとえば、議員会館の地下のお土産屋さんは発表後すぐに「令和饅頭」を販売したのですが、超特急で「令和」と印刷した包装紙でラッピングして、トラックに載せて納品するまでの一部始終をNHKのカメラが追いかけ、売店で購入するお客さんを撮影するために他局のカメラも殺到し、私たち職員が通れないほどの騒ぎになりました。

 発表前から官邸がピリピリしていたのは「事前の漏洩」ですね。4月3日付の東京スポーツは「新元号を事前に漏らしてくれそうな議員」をマスコミが狙っていたことを報じています。記事によると、衆参両院副議長のほか「桜田義孝五輪相、平井卓也科学技術相、片山さつき地方創生相あたりが口が軽そうだと各社、狙って」いたそうです。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』

あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。

amazon_associate_logo.jpg

赤松衆院副議長、地元有権者の女性にヴィトン品をプレゼントの疑惑…違法性を問う声ものページです。ビジネスジャーナルは、連載、令和元号国会議員秘書赤松広隆の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事