NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

赤松衆院副議長、地元有権者の女性にヴィトン品をプレゼントの疑惑…違法性を問う声も

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし、すでに何度も失言騒ぎを起こしている桜田大臣は、かなり厳しく言われていたようです。「今度、失言や情報漏洩があったら辞任やむなし」ぐらい言われたのだと、もっぱらの噂です。そのせいか、表情にもこれまでのような余裕がありませんでしたね。

 マスコミは桜田大臣に群がって、「オフレコにしますから~」「大臣、一杯やりに行きましょう」などと言っていましたが、さすがの桜田大臣も閣僚の椅子がかかっているので、罠にはひっかからなかったようです。

 ちょっと話題になったのは、菅官房長官の地元・神奈川県のある印刷所です。発表の1時間後くらいには「祝 令和」ののぼりを何本も道路に掲げていたようです。これはSNSでも画像が出回っていて、国会議員たちは「まさか、菅さんは印刷所に事前に漏洩してないよね?」と驚いていました。タイミングが早すぎた上に地元なので、思わず疑ってしまうのも無理はありませんね。

 さらに、新元号の候補案は6つでしたが、その中のひとつに「英弘(えいこう)」が入っていたことについて、与野党の議員たちから批判が続出しました。自民党に三谷英弘(ひでひろ)という衆議院議員がいるからです。三谷議員は安倍首相の政策を評価する著書を出版したこともあるので、「選ばれないことを前提に、自分の名前を入れてもらったんだろう」と常任委員会の理事会などで話題になっていました。実際にはあり得ないでしょうが、そんな臆測が流れてしまうのも安倍政権の負の側面といえそうです。

 まさに“令和狂想曲”といった感じですが、秘書たちも巻き込まれてクタクタです。トイレでこっそり「改元なんて、仕事が増えただけじゃん! 何が働き方改革じゃ!」と雄叫びを上げている秘書もいます。もちろん、神澤ではないですが(笑)

赤松衆院副議長に違法行為の疑惑も


 もうひとつ、4月1日に行われた「元号に関する懇談会」では、出席したメンバーが官邸から携帯電話を預けるよう求められるなど、厳しい情報管理が話題になりました。

 衆参両院の正副議長にも「発表まで(会議室に)おとどまりいただきます。携帯電話は預からせていただきます」などと記された文書が配られたそうで、これについて赤松広隆衆議院副議長が「行政府が立法府を拘束するとは民主主義の危機だ」と猛反発し、菅官房長官が謝罪したと報道されました。また、赤松副議長は「安倍総理の『安』が入っていたら反対する」とも発言していたことも、先の東スポが報じています。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』

あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。

amazon_associate_logo.jpg

赤松衆院副議長、地元有権者の女性にヴィトン品をプレゼントの疑惑…違法性を問う声ものページです。ビジネスジャーナルは、連載、令和元号国会議員秘書赤松広隆の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事