NEW

セクシズムに満ちた美術界の構造を破壊する。津田大介があいちトリエンナーレ2019芸術監督をやる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

津田大介さん

 2019年8月1日から10月14日まで愛知県で開かれる国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」。その芸術監督をジャーナリストの津田大介さんが務め、“ジェンダー平等”を大々的に打ち出し「参加アーティストの男女比を半々にする」という画期的な試みが話題となっている。トリエンナーレに参加する74組のアーティストのうち32組が女性。男女混在のグループやカンパニーを除くと63組なので、女性が過半数を超えた。

 これが“画期的な試み”で、“話題になる”ということは、美術界では現状、“ジェンダー不平等”がまかり通っているということだ。アートの世界は創意工夫にあふれた自由で奔放な舞台だとの誤解を抱く人もいるかもしれないが、圧倒的な男性優位の世界だ。

 芸術・美術を学ぶ大学の新入生の男女比は圧倒的に女性が多いが、教員は8割以上が男性。美術業界で“評価”されている作家も、ほぼ男性。美術館の学芸員は女性が6 割を超える一方で、館長の8割以上が男性。なんなら、あいちトリエンナーレの実行委員会も男性に占められている。

セクシズムに満ちた美術界の構造を破壊する。津田大介があいちトリエンナーレ2019芸術監督をやる理由のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事