NEW

「吉野家」は沈み行く船か 「すき家」「松屋」牛丼御三家の業界見取り図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

(左)松屋/(中)吉野家/(右)すき家(画像は「Wikipedia」より)

 大手牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスが2月、2018年度第3四半期(18年4~12月)決算を発表した。それによれば、売上高は前年同期比4.4%増 の4548億円、営業利益は同7.2%増の146億円。また既存店売上高でも、前年同期比3.3%増だったとのことで、その好調ぶりが明らかになった。

 一方で、苦しい状況が露わになったのが、「吉野家」を手掛ける吉野家ホールディングスだ。1月に公表した2018年度第3四半期(18年3月~11月)決算によれば、売上高では前年同期比2.4%増の1500億円と増収だったものの、前期は25億円の黒字だった営業利益で、5.6億円の赤字に転落してしまったという。

 では、もうひとつの牛丼チェーン大手「松屋」を運営する松屋フーズホールディングスはどうか。2月に発表した2019年3月期第3四半期(18年4~12月)決算によれば、売上高は732億(前年同期比5.2%増)、営業利益は30億(前年同期比12.3%減)。「吉野家」と比べれば悪い業績ではないものの、そもそもの売上高で、他の2社から大きく水をあけられているというのが現状だ。

 「すき家」「吉野家」「松屋」の3社は“牛丼御三家”とも呼ばれ、かつては三国志ばりの戦いを繰り広げていたはずだが、今ではその明暗がハッキリと分かれているようである。

「吉野家」は沈み行く船か 「すき家」「松屋」牛丼御三家の業界見取り図のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事