NEW

フジ月9『ラジエーションハウス』が想定外の面白さ…今までにない異色の医療ドラマ誕生

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ『ラジエーションハウス』公式サイトより

 今クールのフジテレビ系連続テレビドラマ、“月9”『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第1話が8日、放送された。

 医師免許を持ち放射線科医の世界的権威からも実力を認められながら、医師ではなく放射線技師として働く五十嵐唯織(窪田正孝)は、天才的な技術を持つ一方で協調性のなさから、いつも浮いた存在になってしまう。そんな五十嵐は、幼馴染で初恋の相手でもある放射線科医、甘春杏(本田翼)が勤務する甘春総合病院に採用され、子供の頃に離れ離れになって以来、久しぶりに甘春に再会できることに胸を躍らせて初出勤するも、甘春が自分のことをまったく覚えていないことに愕然とする。

 失意のうちに職場であるラジエーションハウスに行くと、そこには放射線技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)をはじめ、黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)ら個性が強くヤル気のなさそうな技師たちが集っている。そんな彼らは、常に自分たちに対して“上から目線”で命令する甘春ら医師たちを心底嫌っていた。

 五十嵐は同期となる新人技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)とともに甘春総合病院で働き始め、数日たったある日、激しい頭痛で倒れた世界的カメラマン・菊島亨(イッセー尾形)が運ばれくるが、菊島が数年前に行った脳動脈瘤の手術の影響で、頭部MRI画像の左上が大きく欠損してしまい、患部の状況が見えないため、病気の原因を特定できない。

 すると診療部長の鏑木安富(浅野和之)は、もし著名人である菊島がこのまま亡くなれば、病院の評判が落ちかねないと危惧し、菊島が脳動脈瘤の手術をした大きな大学病院へ転院させる手はずを整える。しかし、搬送中に脳動脈瘤の再破裂が起こる危険があるとして、甘春はこの病院で病気の原因を特定して治療すべきだと訴え、脳外科医たちの反対を押し切って、造影剤を使った血管造影検査を行うと主張。だが菊島には造影剤アレルギーがあり、最悪死に至る可能性があるため、もしものことがあれば甘春が個人で責任を取ることを条件に、甘春が血管造影検査を行うことになる。

 そして検査直前、五十嵐は勝手に菊島のMRI検査を始めるも、鏑木らに見つかってしまい怒られるが、甘春らによる血管造影検査と並行して五十嵐は、通常MRI検査で使われる強度画像の裏に隠れて捨てられるだけの位相画像を逆算して掛け合わせることで、菊島のMRI画像で欠損していた部分の復元に成功。頭痛の原因が寄生虫であることをつかんだ五十嵐らは、血管造影検査を造影剤投入直前でストップさせることに成功し、事なきを得た。そんなラジエーションハウスの面々の働きぶりを目の当たりにした広瀬は、放射線技師という仕事の大切さを改めて実感するところまでが放送された。

フジ月9『ラジエーションハウス』が想定外の面白さ…今までにない異色の医療ドラマ誕生のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、フジテレビラジエーションハウス放射線技師の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事