NEW

『ドラクエ』3DCGアニメ映画化で早くも“嫌な予感”?“嫁=ビアンカ”問題が見所?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」予告より

 今年の2月、スクウェア・エニックスは、日本を代表する国民的RPGシリーズ『ドラゴンクエスト』を、フル3DCGアニメーションで映画化すると発表した。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』と題されたこの映画は、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』をストーリーの原案とした作品。総監督・脚本を映画『ALWAYS 三丁目の夕日』や『STAND BY ME ドラえもん』を手がけ、CG作品に定評のある山崎貴氏が務め、8月2日より公開される予定だ。

 映画のオフィシャルサイトには、『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親として知られ、今作にも原作・監修としてクレジットされている堀井雄二氏がコメントを発表。『Ⅲ』が社会現象を巻き起こしていた頃には、マンガ化や映画化のオファーを断ったこともあったそうだが、それから時間がたち、気持ちに変化が表れていたところで今回の話が持ち上がり、映画化にゴーサインを出したようだ。

 数あるゲーム作品のなかでも、特にファンの多い『ドラゴンクエスト』シリーズを、ヒット作を量産している山崎氏が映画化するとあっては、否が応でも期待が高まるところだろう。しかし、国産のフル3DCGアニメーション映画や、ゲームを原作、原案とした映画は、これまでヒットに恵まれてこなかったという事情もある。

 果たして、今作は興行的な成功を収めることができるのだろうか。映画やアニメ、ゲームなどを幅広く評論しており、著書に『文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史』(コアマガジン)がある評論家・さやわか氏に話を聞いた。

素朴な人間ドラマを描いた『Ⅴ』に、山崎氏の作風は最適


 まず、今作の原案となった『Ⅴ』は、どのような物語なのか。

「タイトルに『天空の花嫁』とある通り、主人公の結婚を最大のイベントとしながら、親子三代の物語を描くという内容になっています。ゲーム機の処理能力が上がっていくのに合わせて、物語性を深めていった『ドラゴンクエスト』シリーズは、ファミリーコンピュータで発売した『Ⅳ』の時点で、すでに群像劇を描こうとしていました。そして、次に踏み出したスーパーファミコン用の『Ⅴ』では、主人公の人生はもちろん、親子三代にわたる人間ドラマ、親子三代の血脈という大きな流れを描く物語になっています」(さやわか氏)

『ドラクエ』3DCGアニメ映画化で早くも“嫌な予感”?“嫁=ビアンカ”問題が見所?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、スクウェア・エニックスドラゴンクエスト山崎貴の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事