NEW

NGT48、「解体して再出発」発表も批判続出…「何をしたいのかわからない」「無意味」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新潟を拠点とするアイドルグループ・NGT48が11日、現行の2チームを解散し、新たに全メンバーを1期生と研究生に分けて再スタートを切ることを、公式サイト上で発表した。現存するチームN3とチームGは、21日に新潟市のNGT48劇場で「千秋楽公演」を行う。

 NGT48は、メンバーの山口真帆が昨年12月に男性2人から暴行を受けていたことが、今年1月に発覚した。山口本人がツイッターでその事実を告発し、メンバーのなかに犯行グループとつながっている人物がいることを示唆。さらに運営側の対応にも不信感をあらわにし、騒動が拡大した。

 運営会社のAKSは2月1日に第三者委員会を設置して事件について調査を行い、その報告書を3月22日に発表したが、メンバーの関与はなかったなどとする内容に対して、山口が反論したことで、かえって事態は悪化した。

 事件後、新潟県、新潟市、JR東日本などのスポンサーが相次いでNGT48との契約を解除または広告出稿を中止している。ほかにも、テレビとラジオの冠番組がすべて終了や放送休止になったり、メンバーの出演が見合わせられるなど、収束の見込みは立っていない。

 そんななかで、チームの編成を見直して再出発すると発表したわけだが、ファンや芸能界の関係者からは、「運営は何をしたいのかわからない」「名前を変えるだけで、誰も処分しないのであれば意味がない」など疑問視する声が相次いでいる。『山口百恵→AKB48ア・イ・ド・ル論』(宝島社)などの著者でアイドル評論家の北川昌弘氏も、「運営側の意図がわからない」と首をかしげる。

「今回の発表を受けて、あらためてNGT48の編成を見直してみましたが、各チーム10名ちょっとしかいないので、そもそもチームを解散してひとつにまとめるのは、ちょうどいいくらいの規模です。特に誰かを処分したり、事件の再発防止策など根本的な解決策を講じたわけではないので、21日の千秋楽公演までに、今後どうしていくのかという具体策を打ち出さなければ意味がありません。というよりも、その方向性が決まっで発表できる状況になったからこそ21日に千秋楽公演を設定したのだと、期待したいです」(北川氏)

 くしくも4月9日にNHKが新潟ローカル番組『新潟ニュース610』において、総合プロデューサーの秋元康氏が「クリエイティブ部分担当で運営には関与しない」と公表しながら、AKSの取締役を叱責するといった構図を挙げ、ガバナンス(企業統治)体制に問題があると指摘していたが、運営は改善されるのだろうか。

「私は、総合プロデューサーである秋元氏が表立って動かないのが問題だと思います。かつてのAKBグループは、ピンチをチャンスに変える力がありましたが、今回の騒動では問題を封じようとするだけで好転させることが一切できていません。第三者委員会にしても、報告書を出しただけで、委員が表に出てきていません。本当に“第三者”との立場で調査したのかすら疑わしく思います」(同)

 ファンの間では、被害者である山口の処遇を懸念する声が多いが、どうなると見込まれるのか。

「山口さんに問題があったのであれば話は別ですが、少なくとも現時点では、山口さんの側に非がないように思えます。山口さんは被害者であり、勇気ある告発をしたわけです。その山口さんを去らせるようなことがあれば、NGT48は危険な状況になります。運営側は、なんとしても山口さんに残ってもらう努力をしなければなりません。彼女をどう受け止めるかが問われています。一方の山口さんは、相当な覚悟をもって数々の告発をしていると感じられます」(同)

 AKSは、表面上の体制を変えるだけではなく、真摯に事件に向き合い、改善する意思を示すことができなければ、NGT48に限らずAKBグループ全体に甚大な影響を与えかねないと自覚すべきだろう。
(文=編集部)

NGT48、「解体して再出発」発表も批判続出…「何をしたいのかわからない」「無意味」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事