NEW
松崎のり子「誰が貯めに金は成る」

GW、銀行も10連休?ATM手数料アップ、連休中の自動入金サービスに注意

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

政府は10連休を“キャッシュレス推進”に利用

 とはいえ、さすがに10日も休みがあると、それはお金を使う。手持ちの現金が足りなくなる事態もあるだろう。しかし、あまり多額の現金を持ち歩くのは防犯上心配でもある。そこでというわけではないが、経済産業省およびキャッシュレス推進協議会が音頭を取って、この10連休を「キャッシュレス・ウィーク」にしようというキャンペーンが実施される。

 ご存じの通り、2019年10月からの消費増税対策として、政府はキャッシュレス決済をすればポイントを最大5%還元するとの施策を進めている。なかなか進まないキャッシュレス化の後押しとして、現金が心もとなくなりそうなこの時期に大型キャンペーンを打ち出す。

 参加するのはカード会社や電子マネー、コード決済事業者などを含む40社ほどの予定。すでに内容の発表があったのは、キャッシュレス決済でのdポイントの20%還元(4月24日~5月7日、要エントリー)、楽天カード、楽天Edy、楽天ペイでの支払いで、コンビニでの利用で楽天スーパーポイントが最大2.5倍など。4月中旬に詳細が出揃うらしいが、普及目的から推測するなら、ポイント付与合戦となりそうだ。

 しかし、この力の入れ方を見ると、もしや10連休にした理由のひとつはキャッシュレス普及ですか? と一瞬勘繰りたくなる。それはジョークとしても、この時期のお金問題は頭が痛いことになりそうだ。くれぐれも準備は抜かりなく。
(文=松崎のり子/消費経済ジャーナリスト)

※各種情報は4月上旬時点のものです。

●松崎のり子(まつざき・のりこ)
消費経済ジャーナリスト。生活情報誌等の雑誌編集者として20年以上、マネー記事を担当。「貯め上手な人」「貯められない人」の家計とライフスタイルを取材・分析した経験から、貯蓄成功のポイントは貯め方よりお金の使い方にあるとの視点で、貯蓄・節約アドバイスを行う。また、節約愛好家「激★やす子」のペンネームでも活躍中。著書に『お金の常識が変わる 貯まる技術』(総合法令出版)。Facebookページ「消費経済リサーチルーム

『定年後でもちゃっかり増えるお金術』 まだ間に合う!! どうすればいいか、具体的に知りたい人へ。貧乏老後にならないために、人生後半からはストレスはためずにお金は貯める。定年前から始めたい定年後だから始められる賢い貯蓄術のヒント。 amazon_associate_logo.jpg

GW、銀行も10連休?ATM手数料アップ、連休中の自動入金サービスに注意のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事