NEW

グローを売ったJT社の戦略とは? 日本でだけ加熱式タバコがブレイクしたワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「Getty Images」より

 最近、加熱式タバコ愛好家の間で静かにブレイク中の“アイディア商品”がある。「貼るだけでかんたん着せ替え」「パロディ、オリジナル」などの謳い文句で販売する『グロー専用スキンシール』や『グロー専用デコシール』だ。一見「紙パック飲料」に見えるシールのバリエーションはさまざま。中には喫煙行為の真逆、健康志向を掲げた「野菜ジュース」仕様というカムフラージュ商品まである。

 じつは、これらのグッズで周囲を欺き、電車内などでコッソリ喫煙する輩まで出没しているという。禁煙エリアでの悪用に対して、受動喫煙の被害を訴える人は “笑えない”グッズとして糾弾の声が上がり始めている。

 隠れ喫煙を可能にさせているのはシールでのカモフラージュだけでなく、電子タバコや加熱式タバコなどの特徴である「煙が少ない」だ。加えて、灰も煙も出ないため「周囲の空気を汚さない」「室内や車内でも使用できる」「有害成分を〇〇%削減」――大手メーカーが異口同音で謳うこれらの利点も、ユーザーのマナー違反へのる心理的なハードルを下げているのかもしれない。

グローを売ったJT社の戦略とは? 日本でだけ加熱式タバコがブレイクしたワケのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合