NEW

青山テルマ、イベントで報道陣を“コイツら”呼ばわりの非常識行為…引きこもり状態を告白

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より

 西野カナが元マネジャーと結婚し、加藤ミリヤが一般男性と結婚し第1子を妊娠するなど、“平成の歌姫”たちの朗報が相次ぐなか、なかなか春が訪れないもうひとりの“歌姫”がいるようだ。

「ここにいるよ」などの大ヒット曲があり、自身の実体験を基に書き下ろした恋愛ソングで10~20代の女性を中心に高い人気を誇る青山テルマだ。青山の所属レーベル関係者は語る。

「この1年間、恋人がいない、結婚できないという負け犬キャラを自虐的に話して“バラエティ色”も出していますが、本人にとっては真剣な悩みのようです。彼女の場合、自分の曲はすべて実体験であることを公言していますが、作詞活動にも影響しているようです。最近は仕事場と自宅の往復だけで、プライベートな時間は自宅に引きこもっているため、周囲がもっと外に出るようにうるさく声をかけているようです」

 そんな青山は今月10日、インターネット番組『テラスハウス』に出演していたモデル岡本至恩と共に、「mentos #フレッシュコネクションツアー ローンチイベント」に登場。そこでは、恋人や結婚についての自虐的な話はもちろん、マスコミに対する嫌悪感も露わにしていたという。現場にいたイベント関係者は語る。

「“マスコミ嫌いな人”という印象は持っていなかったので、今回の発言の一つひとつに驚いたのと、マスコミの方たちに向けて『こいつら、何書くかわからないから』と発言されていたので、ハラハラさせられました」

 現場にいたテレビ局関係者も語る。

「報道陣と直接やりとりをする囲み会見以前に、イベント内でトークショーが行われたのですが、女性司会者から『最近あった刺激的ことは?』と聞かれると、彼氏と別れてからこの1年間恋人ができないという話から、テルマさん自身が家に引きこもっていて、全然外に出ないから刺激がないと、自虐的に話し始めたんです。そして、『外は怖い怖い! 誰が見てるか、わからないから』と、マスコミを意識している様子がうかがえる話をし始めたんです。

 そして、イベント後の囲み会見では、聞かれてもいないのに、『この間、“平成の歌姫、西野カナ、加藤ミリヤが相次ぎ結婚。でも青山テルマはここにいるよ”って書かれてた。失礼過ぎじゃない?』と話していましたが、マスコミにとっては大リップサービスですよね。使われどころがわかっているのはありがたい。しかし、フォトセッション開始前には『いつも半目の写真使われるんですけど、半目の写真は使わないでくださいね~』とカメラマンに呼び掛けたり、一緒に登壇していた岡本が恋愛の話を真面目に語り始めると、報道陣を指さして『あんまり細かく話したら、コイツら何書くかわからないから!』などと“コイツら呼ばわり”したんです。さすがにちょっとムッとしますよね」

サービス精神

 女性歌手の言葉としてはかなり過激ともいえるが、前出レーベル関係者は言う。

青山テルマ、イベントで報道陣を“コイツら”呼ばわりの非常識行為…引きこもり状態を告白のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事