NEW
田中涼子「やっぱり女子はやめられない!」

今春のトレンド!“ピンク”メイク簡単&完全攻略法!リップ、チーク、アイシャドウ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この春のトレンドといえば、ピンク! リップやチークはもちろん、アイメイクまで、どこもかしこもピンク旋風なんです。とはいえ、ピンクのアイメイクは、「腫れぼったくなりそう」「一昔前に見えそう」と思われがちだったり、リップやチークも使い方を間違えるとぶりっ子に見えがちだったりで、意外と難しい色なのも事実。ということで、簡単にこなれて見える今どきピンクの選び方と使い方を教えます。

 まず、手っ取り早くイメチェンするならリップ。この春はベージュ系からコーラル系までカラバリも豊富ななか、選ぶとしたら、青みピンクかくすみピンクがおすすめ。青みピンクは、透け感があってツヤのあるものを選べば、バブリーな印象もなく、オフィスでも使えておしゃれに見える優秀カラー。特に、色白肌さんの肌の透明感を出してくれるので相性抜群です。

 くすみピンクは、どんな肌色さんでも使いこなせる肌なじみのいいカラー。マットな質感を選べば、洗練された印象に。チークと色合いをそろえて、ワントーンメイクにするのも今年っぽくなるコツです。

 そして、チークはクリームタイプのピンクを狙って。チークは色というより質感や入れ方がトレンド顔のカギ。この春も引き続き、ウェットヘアやハイライトなど濡れた質感がおしゃれなので、クリームタイプをほんのり入れるのがコツ。かわいい系になりたいなら頬の中央めに丸く、大人っぽくなりたいなら外側めの頬骨に沿っていれるなど、入れ方一つで印象も自由自在。

 クリームといえば、入れるのが難しそうですが、中指でとって頬にトントンとのせたあと、何もついていない薬指と一緒になじませると簡単! メイク直しにも便利なアイテムなので、ぜひチェックして。

 最後に、一番難しそうなアイシャドウは、キラキラピンクで古っぽさを回避! ラメが入ったピンクを桜の花びらのようにポイントで使えば、腫れぼったさもなく今どき顔に。黒目の上だけや目尻側の上まぶたに指1本分をちょこんと、目の下のまつげのキワ全体にいれるのもかわいい。キラキラ感が目元の立体感を出してくれる&目をうるうるに見せる効果があるので、この春一番チャレンジしてほしいアイテムです。

 もしそれでも難しい……という人は、ピンクをのせる前に、ベースとしてグレーやブラウン、ベージュを仕込んでみて。ベースに仕込みカラーを入れることで、目元の引き締め効果にもなりつつ、さりげなくピンクが主張されるので、大人な方でも安心してピンクを楽しめます。

 こんなふうに、ピンクは使い方と選び方を間違えなければ、とても優秀かつイメチェンもできる万能色。今のファッショントレンドでもある、ラベンダーやカフェラテ配色、フレンチシックなども盛り上げるピンク。どんどん暖かくなる季節、ぜひ春らしいピンクメイクを楽しんでくださいね!
(文=田中涼子/エディター、ライター)

今春のトレンド!“ピンク”メイク簡単&完全攻略法!リップ、チーク、アイシャドウのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事