NEW

【新紙幣】ネットでは手塚治虫を推す声が多数だが肖像に採用される条件は?

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 2019年4月9日、日本では紙幣が2024年(令和6年)度に新しいデザインに変更されることが発表された。しかし、若者の間では今ひとつ知名度の低い渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎の3名の肖像が使われることになったため、違う著名人を推す声が多数寄せられている。ここではネット上で話題となっている人物や、お札に採用される肖像の条件などを紹介しよう。

ネット上では手塚治虫がイチオシだが……


(Image:neftali / Shutterstock.com)

 2019年4月9日、日本では紙幣が2024年(令和6年)度に新しいデザインに変更されることが発表された。1万円札は日本の資本主義に貢献した実業家・渋沢栄一、五千円札は津田塾大学創始者である津田梅子、千円札には日本近代医学の父と言われる北里柴三郎の3名の肖像が使われることになった。

 しかし、若者の間では今ひとつ知名度が低い人物であったこともあり、ネット上ではまったく異なる著名人を推す声が多数寄せられている。イチオシはやはり漫画の神様・手塚治虫だ。確かに、今や日本のサブカルチャーを代表するマンガやアニメの世界を切り開いてきた大作家であり、かつて千円札に小説家・夏目漱石が採用されたことを考えれば、誰もが納得できる人選であろう。ほかにも、漫画家では石ノ森章太郎、水木しげる、赤塚不二夫、藤子・F・不二雄などの巨匠漫画家を推す声もあった。

 ただし、手塚治虫の娘で現・手塚プロダクション取締役の手塚るみ子さんはTwitter(@musicrobita)上で、「他人様の財布の中やコンビニやスーパーのレジ、ATMの中から自分の親父がワサワサ出てくるんですよ? そんなのシュール過ぎて気持ち悪いっしょ!」と呟いている。

続きは【オトナライフ】で読む

【新紙幣】ネットでは手塚治虫を推す声が多数だが肖像に採用される条件は?のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事