NEW

『わたし、定時で帰ります。』が大反響…働き方改革&残業の現実めぐり議論呼ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)のHPより

 今クールの連続テレビドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)第1話が16日、放送された。

 ウェブ制作会社で働く東山結衣(吉高由里子)は、きっちりとやるべき仕事をこなしつつ、毎日定時で帰り、有給もすべて消化することをモットーにしている。

 そんな結衣を“要領が良く自分のことしか考えない女”だと敵視する同じ部の三谷佳菜子(シシド・カフカ)は、深夜残業も厭わず一度も会社を休んだことがないという“仕事命の女”。三谷はある重要な案件のプレゼンのリーダーを買って出るが、女子新入社員への指導が厳し過ぎたため恨まれ、プレゼン4日前にその社員が三谷のPCのパスワードを勝手に変更して、会社を辞めてしまう。

 それを部長の福永清次(ユースケ・サンタマリア)から責められた三谷は、なぜ自分が悪いのか理解ができず、さらに若手社員の来栖泰斗(泉澤祐希)からやり方が古いと言われたことに腹を立てて職場を飛び出し、翌日、無断欠勤してしまう。福永が、誰か三谷の自宅を訪問して様子をみてくるよう言うが、みんなが嫌がるため、結衣が行くことに。三谷は自宅でベッドの上で布団にくるまったまま、自分は会社を休まないことだけが取り柄で、職場でも仕事の要領が悪い人間だと思われていると語る。

 それを受け結衣は、自分が新卒で入社した前の会社が超激務なのに加えて常に怒鳴られる“ブラック企業”で、あまりの忙しさのため入社半年のときに勤務中、階段から転倒して意識不明の重体に陥った経験から、他人にどう思われようと無理をせずに残業をしないことを心に誓い、実行していると明かした。

 さらに結衣は、副部長の種田晃太郎(向井理)が三谷の作成したプレゼン資料を褒めていたと告げ、さらに結衣が買ってきたおかゆを食べさせると、三谷は涙を流す。そして、無事に三谷が職場復帰するところまでが放送された。

視聴者の関心は高い?

 結衣と種田は元恋人同士で、会社のエース社員でワーカホリックでもある種田が結衣の部署に異動になってくるという設定なのだが、第1話内では2人が交際中に結衣の前で種田が過労で倒れて結衣が泣き叫ぶシーンも流れたため、結衣が毎日定時で帰ることを徹底している背景には、重い経験に基づく確固たる信念があることがうかがえる。

『わたし、定時で帰ります。』が大反響…働き方改革&残業の現実めぐり議論呼ぶのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事