NEW

“平成最後のG1”天皇賞、武豊不在で大波乱?関西馬が上位独占か…無料&至高の勝負情報

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「平成の盾男」武豊不在の天皇賞

 いよいよ平成が幕を閉じ、新たな元号である令和が5月1日からスタートする。プロ野球や日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)も“平成最後の試合”と盛り上がるように、日本中央競馬会(JRA)で今週末に開催される天皇賞(春)もまた、“平成最後のG1レース”として注目されている。

 平成になって春の天皇賞を勝利した馬は、のべ30頭。平成元年の天皇賞を制したのは武豊が騎乗したイナリワンだったが、平成最後の天皇賞に武豊はいない。武豊は「平成の盾男」と言われるほど天皇賞に強く、春の天皇賞だけでここまで8勝している。その勝ち馬はイナリワンから始まり、スーパークリーク、メジロマックイーン(2度)、スペシャルウィーク、ディープインパクト、そしてキタサンブラック(2度)である。8度も天皇賞を制したのは、武豊のみ。まさに平成を代表するジョッキーだ。しかし、そんな武豊が、今回は同日に香港で行われるクイーンエリザベス2世カップに騎乗することが決定し、まさかの“武豊不在の天皇賞”となるのである。

 この30年、武豊は騎手として、日本競馬を牽引する大活躍を見せた。プライベートでは、当時アイドルだった佐野量子との結婚し、さらに芸能人と数々のスキャンダルもあったが、イチローや元SMAPの木村拓哉との交遊など、さまざまな話題を提供してくれた。そんな武豊が不在の天皇賞は少々寂しいが、逆に波乱含みの一戦となるため、馬券的には一気に面白くなったといえるだろう。

 今年は少頭数とはいえ、かなりの豪華メンバーが揃った。昨年の菊花賞の1着馬・フィエールマン、2着馬・エタリオウ、3着馬・ユーキャンスマイル、さらに日経賞でエタリオウを負かして重賞2勝目を挙げたメイショウテッコン。まさに平成を締めくくるビッグレースにふさわしい、ハイレベルなメンバーとなった。

メイショウテッコンは武豊から福永祐一へ乗り替わり

 もちろん、競馬ファンとしても、平成最後のG1レースは是が非でも的中させたいところだ。まさにメモリアルの馬券となり、一生のお守りにもなるだろう。そこで、この天皇賞を的中させるべく、天皇賞で絶大な実績を残す関西馬の情報を知り尽くす、“最大にして最強の関西馬情報専門集団”チェックメイトから、天皇賞の最新情報を聞き出した。

「天皇賞は日本を代表するレース。東京優駿(日本ダービー)とともに馬主や関係者にとって最高の栄誉であり、特に力が入るレースです。昨年まで、4年連続で関西馬が勝利し、3年連続で関西馬が1着から3着までを独占という結果となっています。そして、今年は15頭が登録していますが、関西馬が13頭で関東馬が2頭と、その勢力は断違いです。

 この傾向と現状からも、天皇賞でもっとも重要なポイントは関西馬といって異論はないでしょう。関西馬の状態を把握し、あらゆる関係者の思惑や、騎手の乗り方、当日の馬場傾向など、すべてを確認できれば、この天皇賞は的中させたも同然といえます。

 チェックメイトは、関西馬の拠点である栗東トレーニングセンターの目と鼻の先に本拠地を構え、元競馬関係者などが多数在籍しています。そして騎手、厩舎、馬主、牧場、外厩など、あらゆる関係者の本音を聞くことができます。こうしてさまざまな情報網を駆使して、馬券で利益を出すためにもっとも大切な『関西馬の情報』『関西陣営の“ホンネ”』を入手。これにより『高確率で馬券に絡む関西馬』を導き出すことができるのです。

 その実績は明確です。関西馬が上位を独占した過去3年の天皇賞は、すべて的中。特に2016年の馬連2万160円という万馬券は、13番人気の関西馬・カレンミロティックを抜擢しての的中であり、あらためて関西馬情報のすごさと、それを把握するチェックメイトの情報力を証明したレースでした。

カレンミロティックの激走情報も入手していた

 今年はフィエールマン、グローリーヴェイズといった関東馬が注目を浴びていますが、関西馬も有力馬が揃いました。前哨戦で好走したエタリオウ、メイショウテッコン、ユーキャンスマイル、近走不振ながらもこの舞台に照準を合わせてきたクリンチャーなど強力な布陣。今年も関西馬で上位独占となってもおかしくはありません。

 そのなかでも特にお伝えしたいのが、チェックメイトではすでに『勝負の関西馬』情報を入手していること。関西馬のなかで、どの馬を買えばいいのか、どの馬は買わなくていいのか、その完璧なジャッジがすでに整っています。

 ある馬の関係者からは『前走は着順にこだわらず使っただけだから気にしなくていい。次が本領発揮』『最初から目標は天皇賞だから、万全の状態になる』『心肺機能が素晴らしい。長距離向けの素質馬』といった話が飛び込んでおり、これらはマスコミの報道だけでは入手できない情報です。さらに、人気薄が予想される、ある関西馬の陣営からは「このメンバーでも勝ち負けになる(1着を狙える)」という勝負話を入手。これまでの成績から格では見劣る印象ですが、馬のほうは充実期にあるようで、『絶好調です』と盛り上がっています。さらに『京都なら変わる』という話もあるようで、この“穴の関西馬”が絡んで特大万馬券となるシーンも十分あるでしょう。

 4年連続的中に向けて不安は何もありません。今年も自信を持って情報を提供いたします」(チェックメイト担当者)

 関西馬が圧倒的な実績を残す天皇賞は、関西馬情報をどれだけ正確に、多く入手できるかが的中のカギとなる。そういった意味でも、関西馬情報を知り尽くすチェックメイトはまさに理想的な存在だ。

 そのチェックメイトは、この天皇賞で初めて利用する方を対象に「本当の関係者情報を知り、馬券で勝つ興奮を味わってほしい」との趣旨で、

【天皇賞春の3連単勝負買い目を無料公開】

する特別企画を実施するという。これは、天皇賞の的中を目指す人にはうってつけの企画だ。今から申し込みすれば、レース当日に至高の情報が配信されるとのこと。なお、募集人数に限りがある企画とのことなので、早めに登録を済ませておくことをお勧めする。今週末から始まる6週連続G1レースに向け、チェックメイトと関西馬情報の神髄を体感しよう。
(文=編集部)

CLICK → 【天皇賞・春の3連単勝負買い目】無料公開!チェックメイト

※本稿はPR記事です。

“平成最後のG1”天皇賞、武豊不在で大波乱?関西馬が上位独占か…無料&至高の勝負情報のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事