NEW
渡辺陽一郎「いちばん詳しい『人気の新車』完全ガイドシリーズ」

トヨタ鉄板のミニバン、ヴォクシー&ノア&エスクァイアが売れまくっている納得の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタの「ヴォクシー」(「トヨタ ヴォクシー | トヨタ自動車WEBサイト」より)

どんなクルマなのか?

 日本では、多人数で乗車できるミニバンが高い人気を得ています。その主力車種がトヨタ自動車の「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」です。この3車種は基本的に同じクルマですが、ヴォクシーはネッツ店、ノアはカローラ店、エスクァイアはトヨタ店とトヨペット店という具合に、販売系列によって取り扱い車種を分けています(東京地区を除く)。そのためにデザインの一部が異なり、エスクァイアは内装の質を高めて価格も少し上乗せされています。

 2018年(暦年)には、3姉妹車を合計すると18万7702台を登録しました。小型/普通車で販売1位になった日産自動車「ノート」の13万6324台を軽く上回ります。3姉妹車を合計すれば、国内販売で総合1位になったホンダ「N-BOX」の24万1870台に次ぐ台数です。

 今はN-BOXをはじめとする軽自動車の人気が高く、新車として売られるクルマの36~38%を占めます。そこを考えると、売れ筋価格帯が250~320万円に達するヴォクシー/ノア/エスクァイアが好調に売れるのは、注目すべき販売動向でしょう。

人気を得ている理由

 全高が1800mmを超える直線基調のボディはミニバンの典型で、車内が広そうに見えます。日産「セレナ」に比べて床が70mmほど低い低床設計で、乗り降りもしやすいです。1/2列目に加えて3列目のシートも床と座面の間隔を十分に確保して、座り心地が優れています。ボディはミドルサイズですが、多人数で乗車しても快適です。

 さらに、エンジンは2Lのノーマルタイプと1.8Lのハイブリッドが用意されます。ヴォクシーとノアでは、エアロパーツを装着したスポーティなグレードも選べます。この幅広いバリエーション構成も人気の理由です。

気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★★★☆

 標準ボディを5ナンバーサイズに収めたミニバンでは、居住性が優れた部類に入ります。3列目も快適です。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★★★☆

 3列目のシートは、レバーを引くと自動的に左右に跳ね上がります。使いやすくて荷室も広いです。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★★★☆

 サイドウインドーの下端が低めで視界は良いです。最小回転半径は5.5mなので、ミニバンの平均水準です。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★☆☆

 低床設計によってある程度は重心を低めに抑えたので、ミニバンの中では安定性が優れた部類に入ります。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★☆☆

 市街地を時速40km以下で走ると、乗り心地が硬く感じます。内装の質はミドルサイズミニバンでは高い部類です。

(6)燃費性能とエコカー減税

★★★☆☆

 JC08モード燃費はノーマルエンジンが16km/L、ハイブリッドは23.8km/Lです。ミニバンでは良好です。

(7)安全装備の充実度

★★★★☆

 歩行者も検知できる緊急自動ブレーキが採用され、前後のコーナーセンサーによって徐行時の事故も防ぎます。

(8)価格の割安感

★★★★☆

 セレナやホンダ「ステップワゴン」との競争も激しく、車内の広さ、各種の機能や装備のわりに価格を安く抑えました。

選ぶときに確かめたい3つのメリット

・床が低いために乗り降りがしやすく、室内高も十分に確保されて開放感があります。

・内装が上質で、特にエスクァイアは豪華です。インパネは視認性と操作性が良いです。

・3列目の格納や2列目の長いスライド機能など、アレンジが豊富で操作は簡単です。

トヨタ鉄板のミニバン、ヴォクシー&ノア&エスクァイアが売れまくっている納得の理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事