NEW

爆笑・太田光、度が過ぎる奇行にスタッフ&客&共演者が大迷惑…オンエアもできず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TBSラジオ『JUNK 爆笑問題カーボーイ』公式サイトより

 お笑い芸人としてだけでなく、映画監督や小説家などマルチに活躍している爆笑問題太田光。エンタメ業界で安定した活躍を見せる彼だが、その一方で彼の奇行がクローズアップされることが最近増えている。

 3月30日に生放送された『ENGEIグランドスラムLIVE』(フジテレビ系)のエンディングで、はしゃぎすぎた太田が生クリームにすべって床に顔面を強打。放心状態のまま番組が終了したのだが、本人は病院に担ぎ込まれ、翌日の生放送『サンデー・ジャポン』(TBS系)の出演を見合わせることに。検査の結果、異状はなかったものの、一歩間違えれば大惨事ともいえるアクシデントに、番組関係者は息をのんだという。ある放送作家は次のように語る。

「太田さんは、大勢の芸人に囲まれるとテンションが振り切れてしまう“習性”があり、毎年やってる特番『爆笑問題の検索ちゃん』(テレビ朝日系)でも芸人が一堂に会すため、太田さんは収録現場で毎年フルスロットル状態。嬉々としてギャグを連発して話を止めないので、収録はいつも4時間を超えるそうです。これが嫌で出演を断る人気芸人や、途中で別の収録現場へ行かざるを得なくなる芸人もいるとか。昔から仲のいい芸人からすると『またいつもの悪ノリが始まったよ』という感じですが、スタッフや客からすると迷惑でしかない。だって、その悪ノリがたいしておもしろくないし、オンエアにも乗らない内輪ウケでしかないんですよ。これはもはや、完全に奇行ですよね……。

 今回の『ENGEIグランドスラムLIVE』も、エンディングでとんねるずの石橋貴明さんが出てきて、出演芸人たちもステージに集合することとなったため、太田さんがスパーク。僕は実際に生放送で見てましたが、本当に頭蓋骨骨折とか脊髄損傷レベルのコケ方でしたよ。スタッフが顔面蒼白になったのも当然で、売れっ子芸人のネタの祭典だったはずが、『太田は生放送で使うと危険』という事実を露呈する結果になったとさえ思いますね」

爆笑・太田光、度が過ぎる奇行にスタッフ&客&共演者が大迷惑…オンエアもできずのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事