NEW

爆笑・太田光、度が過ぎる奇行にスタッフ&客&共演者が大迷惑…オンエアもできず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TBS『サンデー・ジャポン』公式サイトより

「ラジオで決着をつけよう」とタイマンを要求

 そんな事故の結果、『サンデー・ジャポン』を欠席した翌週のこと。同番組内で今度は、お笑い芸人、ぜんじろうに対して「ぜんじろうは相変わらず厄介だね」と噛みつき、新たなトラブルが勃発。ぜんじろうはツイッターで「後輩の太田くんにサンジャポで『ぜんじろう』呼ばわりされてちょっとだけイラッとする不思議(笑)」と応戦すると、太田は自身のラジオ番組で「てめぇ、いつから俺の先輩になったんだ、ふざけんなよ三流芸人よ」とブチギレ。またしても彼の“奇行”がネット記事に踊ることとなったのである。

「ぜんじろうさんは関西を中心に活動を続ける芸人で、若き日のナインティナインや雨上がり決死隊を擁した“吉本印天然素材”の初期メンバー。1990年代は関西ローカルで人気を博し、『平成の明石家さんま』と言われるまでブレイク。その後、東京進出まで果たしましたが、ほどなくして売れなくなり、今は鳴かず飛ばず状態です。今回の騒動に対してナイナイ岡村さんが自身のラジオ番組で、『ぜんじろうさんのほうが絶対に太田より先輩』と、太田さんを呼び捨てにするという小ボケをはさみながらとりなそうとしましたが、それでも太田さんの怒りはおさまらず、『ラジオで決着をつけよう』とまで言い放つ結果に。

 芸人の世界では年齢よりも芸歴が優先されるのは当然で、とりわけ吉本ではそれが鉄の掟のようになっています。昔は千原ジュニアさんとナイナイ岡村さんも先輩後輩で揉めたことがあり、美談というか笑い話になっていますが、太田さんにとっては、今のぜんじろうさんと揉めるメリットがまるでない。太田さんもそれに気づいたのか、『一日中ぜんじろうのことを考えていて、いい加減ノイローゼ。終わりにしたい』と弱音を吐き始めましたが、ここまでくるともう、奇行としかいえませんよね(笑)」(前出の放送作家)

爆笑・太田光、度が過ぎる奇行にスタッフ&客&共演者が大迷惑…オンエアもできずのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ぜんじろう太田光爆笑問題の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事