NEW
鷲尾香一「“鷲”の目で斬る」

加熱式たばこ、火気危険物の通常のたばこと同様の規制適用へ…消防法上の扱い議論

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 IQOS(アイコス)、Ploom TECH(プルーム・テック)、glo(グロー)といった「加熱式たばこ」が急速に普及している。喫煙所でも、従来の紙巻たばこ喫煙者に交じって、加熱式たばこを吸っている人を多く見かける。紙巻たばこは火災の可能性があるため、消防法上では「火気」にあたり、危険物となっている。では、燃焼を伴わない加熱式たばこは、危険物ではないのか。現在、消防庁では加熱式たばこの消防法上の位置付けについて、検討を行っている。

 紙巻たばこは、「喫煙用の製造たばこ」として課税対象となっている。これは「加熱式たばこ」も同様だ。しかしながら、紙巻たばこと加熱式たばこでは、「火を使用する」「しない」という決定的な相違点がある。このため、紙巻たばこには適用されている消防法の規定が加熱式たばこに適用されるかは、不明確なままとなっている。

「消防署ごとに加熱式たばこに対する見解が異なっており、例えば消防法上の視察を行う場合に、対応が統一されていない」(消防庁関係者)

 ほとんど知られていないが、紙巻たばこは喫煙時の火が点いた状態、および点火するためのライター等の喫煙具の使用が「火気」となる。このため、消防法上の「危険物施設の火気規制」に該当する。従って、危険物施設では紙巻たばこの喫煙は禁止されている。各市町村の火災予防条例でも、同様の規制を設けている。

 さらに、紙巻たばこは消防法や各市町村の火災予防条例で、喫煙等を制限しないと火災が発生するおそれがある場合、消防吏員により喫煙の禁止等ができる。また、市町村長が火災の警戒上特に必要があると認めた場合に、期限を限って、一定区域内における喫煙を制限できる旨を規定している。

 そこで、加熱式たばこはこれらの消防法上の規定に当てはまるのかが問題となってくる。紙巻たばこの喫煙規制は、「紙巻たばこは喫煙時の火が点いた状態およびたばこに点火するためのライター等の喫煙具の使用」と定義しているが、加熱式たばこは火気の使用を伴わず、加熱式たばこ自体に点火することもない。このため、危険物施設でも使用が可能ではないか、と解釈もできる。例えば、ガソリンスタンドでの紙巻たばこの喫煙は禁止されているが、加熱式たばこは問題ないと解釈される問題が出てくる。

加熱式たばこ、火気危険物の通常のたばこと同様の規制適用へ…消防法上の扱い議論のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事