NEW
松本典久「山手線各駅停車」

ビール「エビス」から生まれた恵比寿駅の秘密…貨物駅からお洒落な街の駅へ変貌の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
恵比寿駅西口の駅名標

 恵比寿駅は東京渋谷区にある山手線の駅だ。ここには山手線のほかに、湘南新宿ラインや埼京線が発着するほか、地下には東京メトロ日比谷線の駅もある。JR東日本の2017年度統計で見ると、恵比寿駅の1日平均乗車人員は、定期6万9,178人、定期外7万6,141人で、合計14万5,319人。山手線29駅のなかでは14位、JR東日本全体では蒲田駅に次いで21位に入っている。合計乗車数でみると蒲田駅や吉祥寺駅とほぼ同じクラスとなる。

 この乗車数は近年も順調に伸びているが、この20年間では1994(平成6)年度および1996(平成8)年度が前年比10%以上という大きな成長を見せている。実は1994年10月に「恵比寿ガーデンプレイス」がオープン、1996年3月には恵比寿駅に埼京線発着開始と同駅を取り巻く環境が大きく変わっているのだ。

山手線の恵比寿駅名標

 恵比寿駅は、JR東日本の在来線で初めてホームドアを設置した駅である。ホームドアは、今や説明するまでもないが、ホームに柵を設置、電車に乗り降りするときだけホームのドアを開くという設備だ。ふだんはドアが閉まっているため、歩行中に電車に接触あるいはホームから転落するなどといった事故を未然に防ぐことができるのである。

 日本では新幹線やAGT(新交通システム)から導入が始まったが、2006(平成18)年の「バリアフリー新法」(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)施行後、鉄道各社での導入が急速化した。一方、電車のドアとホームのドア位置を揃えるためには技術的な課題も多く、鉄道各社や設備メーカーでは試行錯誤しながら導入を進め、現在もなおさまざまな方式が開発されている状況だ。

 JR東日本では、まずは利用客の多い山手線などからホームドア設置計画を掲げ、恵比寿および目黒の両駅に先行導入、検証を始めている。ちなみに恵比寿駅では2010(平成22)年6月26日から、目黒駅では同年8月28日から試用を始めている。

 この時代、山手線は今と同じく11両編成で運転されていたが、そのうちの7・10号車には6扉車が組み込まれていた。これは利用者の多い山手線で乗降時間短縮をはかる工夫だったが、これがホームドア設置には障害にもなった。そのため、この時点では7・10号車位置はホームドアなしとした状態で試験的な運用を開始している。この恵比寿駅などのテストは予想通りの成果を挙げ、以後、山手線各駅や京浜東北線などにも設置が進められることになったのだ。

ビール「エビス」から生まれた恵比寿駅の秘密…貨物駅からお洒落な街の駅へ変貌の歴史のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事