NEW

MEGAドンキなのに買ってはいけない商品5選…一見安いけど意外にコスパ最悪?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MEGAドンキ店舗

 1978年にオープンした「泥棒市場」という小規模店舗を原点とし、1995年に現在の名称に改称された「ドン・キホーテ」。そこから全国に系列店を広げていき、現在では国内外に650近い店舗を持つようになった大型ディスカウントショップだ。

 商品でくまなく埋め尽くされた迷路のような店内を、まるで宝探しのように目的の商品を探しながら歩いているうち、ほかの商品に対する購買意欲まで高まってしまう――ドン・キホーテの成長の背景には、そんな“圧縮陳列”という手法があった。2019年6月第1四半期の決算では売上高2500億8000万円(前年同期比11.9%増)、経常利益179億1700万円(同25.3%増)といった数字が出ており、なんとも絶好調である。

 さて、ドン・キホーテには安さを前面に押し出した「情熱価格」というオリジナルブランドがあることをご存じだろうか。基本的には高コスパな商品を数多く取り揃えている情熱価格だが、なかには値段相応、あるいはそれ以下、という批判を浴びている商品も存在するようだ。

 そこで今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では、ドン・キホーテ系列でも特に日用品に力を入れている「MEGAドンキ」から「この春、買ってはいけない日用品5選」を選んだ。あくまで調査班の独断だということを念頭に置きながら、新生活の日用品集めの参考にしていただきたい。

【この春、買ってはいけないMEGAドンキの日用品5選】

アルカリ乾電池MEGAVOLT/88円(税込、以下同)

 初めに紹介するのは、ごく一般的な単3アルカリ乾電池の情熱価格オリジナルバージョンである「MEGAVOLT」だ。

 このMEGAVOLTは88円で4本入りと、一見安いように感じられるが、100円ショップの乾電池のほうが長持ちしてコスパがいいという指摘も上がっている。そうであれば、わざわざMEGAドンキで買うメリットは乏しいかもしれない。

 ただ、乾電池の質に別段こだわりがない人にとっては安いに越したことはないだろうし、MEGAドンキを訪れた際、何かのついでに買うくらいなら差し支えはないだろう。

革靴/1990円~

 よくMEGAドンキに足を運ぶ人なら見覚えがあるかと思うが、同店にはたくさんの靴が、信じられないほど安い値段で売られている。しかし、サンダルのようにカジュアルなものならともかく、革靴を買うのはおすすめできない。

 MEGAドンキの革靴は2000円を切るものから5000円くらいまでの価格帯となっており、一番高いものでも世間的にはかなり安価なのだが、つくりは安っぽく、革の質感も、よく見ればチープな印象を受けてしまう。

 革靴が急に必要になった際、その場しのぎでとりあえず購入するという程度であれば役立つと思われるが、ビジネスシーンで上司や取引先と会うときまでMEGAドンキのものを履いていると、自分のイメージダウンにつながりかねない。

MEGAドンキなのに買ってはいけない商品5選…一見安いけど意外にコスパ最悪?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事