NEW
木下隆之「クルマ激辛定食」

共同開発のトヨタ「スープラ」とBMW「Z4」、“真逆の走り心地”には驚くばかりだ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型BMW「Z4」

 新型BMW「Z4」がデビューした。先代Z4の生産が終了してから約2年の沈黙があり、絶版車として葬り去られるのか、機が熟するのを待っているのかなど、さまざまな憶測が飛び交った。だが、Z4は確かに再デビューした。ロードスター専用車として長きにわたって歴史を紡いできたBMWが、ロードスターのラインナップをやめるわけはないと誰もが確信をしていたが、約2年の歳月は決して短くなかったといえよう。

 その約2年の歳月のなかで、Z4にまつわるエポックなニュースが飛び交った。「トヨタ自動車『スープラ』と基本パッケージを共有する」との話題が駆け巡ったのだ。

 それは事実だった。トヨタが数年ぶりに復活させたスープラは、BMW製の直列6気筒エンジンを搭載し、BMWが開発したプラットフォーム(車台)に搭載する。ボディやインテリアのデザインは、それぞれが独自で筆を振るうものだが、ハード面の基本パッケージはBMW製をともに分け合う。Z4とスープラは血を分けた「二卵性双生児」の関係なのである。

 実際に、トヨタのスープラ開発陣が頻繁にBMWの開発拠点であるミュンヘンに足を運んでいる。都合よく、スープラの開発拠点としてドイツのToyota Motorsport GmbH(TMG)がケルンにある。BMWの優れた技術とノウハウは、トヨタにとって魅力的に映ったわけだ。BMWにとっても開発費の軽減になる。お互いにウィン-ウィンの関係を築けると判断したのである。

 ここで気になるのは、Z4とスープラは、ただバッジとルックスを安易に変えただけの兄弟車なのかという不安である。「走り味」の違いが大いに気になるところだ。

新型BMW「Z4」

 Z4は、2シーターロードスター(オープンカー)である。クーペ(2人乗り車)のルーフを切り取っただけのオープンモデルではなく、ロードスター専用車である点が特徴だ。年収1500万円以上の裕福なアクティブ紳士をターゲットとしている。

 一方のスープラは、はっきりとした屋根を持つスポーツクーペである。想定年齢はZ4より低く、“ヤンチャ”な若者に照準を合わせているようだ。実際には、かつてのスープラを知る昭和シニアを裏ターゲットとしていると想像するが、若者のハートを掴めるか否かが成否の鍵を握る。

共同開発のトヨタ「スープラ」とBMW「Z4」、“真逆の走り心地”には驚くばかりだのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事