NEW

セブン&アイ、またトップ電撃解任の悲喜劇…締め付けてきたFC加盟店の“反乱”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セブンイレブン・ジャパンの永松文彦副社長(左)、セブン&アイHDの井阪隆一社長(写真:東洋経済/アフロ)

「社長の器でない人が社長になると、こういう悲喜劇が起こる」(関係者)

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)内で“天皇”と呼ばれた鈴木敏文元会長兼CEOの電撃辞任に際して、同社は中核事業子会社セブンイレブン・ジャパン社長に“ミニ敏文”こと古屋一樹氏(当時副社長)を据えざるを得なかった。

「敏文“天皇”という太陽が輝いていたからこそ、月(=古屋)は光を放っているように見えただけ。ワンマンの子飼いの役員に共通する『自分の頭で考えることができないリーダー』だった」(セブン&アイHD元役員)

 古屋氏をめぐっては2016年、セブン&アイHD会長だった鈴木氏がセブンイレブンの井阪隆一社長を退任させ、副社長だった古屋氏を社長に昇格させようした。ところが、唐突な人事に社外取締役が反発。鈴木氏の退任につながった。井阪氏がセブン&アイHD社長に就き、古いフランチャイズ(FC)加盟店オーナーとの結びつきが強い古屋氏がセブンイレブン社長になるという妥協が成立した。

セブンイレブン社長は永松氏


 井阪社長の新体制が発足して3年。24時間営業をめぐる加盟店の乱の渦中であった4月8日、セブンイレブンの社長を交代。永松文彦副社長が社長に昇格し、古屋氏は代表権のない会長に祭り上げられた。4月4日の社長交代の記者会見に古屋氏は出席しなかった。井阪氏は「24時間の営業体制をどうするかの問題というより、コミュニケーションの目詰まりが組織の問題としてあった。1人の社長が情報を吸い上げるのは負荷が大きい。永松が加わることで、社内の情報を吸い上げ、素早く戦略を立案したい」と説明した。

「まぜ今のタイミングなのか」との記者団の質問に、井阪氏は「昨年から相談をして、このような結果になった。今回の件は異例な交代ではない」とした。

 世耕弘成・経済産業相は4月5日午前、コンビニエンスストア大手の経営トップと経産省内で意見交換をした。セブンイレブンは8日付けで退任する古屋氏と永松氏の2人が出席したが、まもなく退任する社長が経産相との意見交換の席に出るのには違和感があった。「“社長解任”がよほど悔しかったのだろう」(前出セブン&アイHD元役員)と受け止められている。

 世耕経産相が「人手不足など、コンビニ加盟店が抱える課題に対する行動計画を策定するよう」要請。日本フランチャイズチェーン協会の中山勇会長(ファミリーマート会長)が「重く受け止めている」と述べ、対応を急ぐ考えを示した。セブンイレブン、ファミリマート、ローソンなど8社の経営トップが顔を揃えた。

 世耕経産相がコンビニのトップを招集し、人手不足の問題や長時間労働について意見を述べ、各社に人手不足を是正する計画の策定を求めた“パフォーマンス”に関して、「法的根拠のない、任意の行政指導に当たらないのか」(小売業界関係者)といった冷ややかな見方もある。

セブン&アイ、またトップ電撃解任の悲喜劇…締め付けてきたFC加盟店の“反乱”のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、セブンイレブンセブン&アイHD鈴木敏文の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事