NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

妊娠の華原朋美さん、周囲のサポートと精神的安定が不可欠な理由…精神科医が解説

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,

精神的な安定が大切

 もう1つの危惧として、(2)産後うつがある。産後うつは、妊娠・出産によるホルモンバランスの急激な変化、そして育児不安によって起こる抑うつ状態で、少なくとも10人に1人の割合で発症する。だから、決して珍しくない。ホルモンバランスの急激な変化は、妊娠・出産した女性すべてに生じるからだ。

 育児不安という点に関しては、第1子出産直後にとくに多い。華原さんも第1子出産を控えているし、かつて精神的に不安定な時期があったということなので、気をつけたほうがいいだろう。とりわけ出産直後は、眠れなくて睡眠薬に頼りたくなることもあるかもしれないが、授乳によって赤ちゃんに伝わるので、服用は望ましくない。

 もちろん、産後うつは通常いつまでも続くわけではない。妊娠前は不安定で睡眠薬を常用していたが、妊娠が判明してから中止し、無事出産して、産後うつも乗り越えた女性を何人も知っている。

 そのためには、周囲のサポートが不可欠だ。妊娠中に薬に頼らずにすむようにするためにも、産後うつを乗り越えるためにも、お腹の子どもの父親をはじめとする家族や医療関係者が支えて、華原さんが精神的に安定した日々を送れるようにすべきである。
(文=片田珠美/精神科医)

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合