NEW

国産車の安全装備を一挙比較…レクサスLSは最も先進的、スバルは専門機関が高評価

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバル「“ぶつからないクルマ”アイサイトは高評価」

 スバルは、「ぶつからないクルマ」で一躍安全装備に脚光を当てたアイサイトによる運転支援システムを搭載。ただし、トヨタやダイハツからのOEM供給車にはこのアイサイトは搭載されていないので、注意が必要となる。機能は衝突被害軽減ブレーキをはじめ、全車速追従機能などがセットになっているが、他社に先駆けて安全装備を装着したため、専門機関のテストにおいても高い評価が与えられており、安全性の高さを誇っているのがスバルのアイサイトなのだ。

高い信頼性を誇るスバルのアイサイト

スズキ「最低でも“デュアルカメラブレーキサポート”を」

 スズキは、車種によってデュアルセンサーブレーキサポート、デュアルカメラブレーキサポート、レーダーブレーキサポートの3種類の安全装備パッケージが設定されている。このなかでもっとも機能が多いのがデュアルセンサーブレーキサポートで、衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報機能、誤発進抑制機能、ハイビームアシストがセットとなっている。そして、搭載している車種は少ないが、レーダーブレーキサポートはもっとも簡素なシステムで、デバイスはレーザーレーダーだけとなり、衝突被害軽減ブレーキも低速時のみとなっている。スズキならば、最低でもデュアルカメラブレーキサポートはほしいところだ。

ダイハツ「5つの運転支援機能がセットになりトヨタにOEM供給も」

 最後にダイハツ。すでにトヨタの紹介でも書いている通り、軽乗用車にはスマートアシスト3と呼ばれる衝突回避支援システムが搭載されている。検知するデバイスをステレオカメラに変更し衝突回避支援ブレーキ機能を対車両だけでなく、対歩行者にも拡大したシステムで、衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)、車線逸脱警報機能、誤発進抑制制御機能、オートハイビームなどの機能がセットとなっている。

ダイハツ「スマートアシスト3」のイメージ図

 ここまで各社の安全技術を紹介してきたが、安全技術の充実は経済産業省や国土交通省がすすめているセーフティ・サポートカー(略称サポカー)で調べることが可能だ。サポカーにはサポカー、サポカーSベーシック、サポカーSベーシック+、サポカーSワイドの4種類がある。「安全装備が充実したクルマがほしい!」という人は、サポカーSワイド表示されたクルマから選ぶとよいだろう。
(文=萩原文博/自動車ライター)

国産車の安全装備を一挙比較…レクサスLSは最も先進的、スバルは専門機関が高評価のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ダイハツトヨタ自動車マツダ三菱自動車の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事