NEW

ソニーXperiaはなぜ負けた? シェア爆増で世界シェア2位を獲得したファーウェイとの決定的な違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

ソニーのXperia(SONY公式ホームページより)

 ソニーは2019年3月期の業績見通しで、Xperiaシリーズを展開するスマートフォン事業を含む「モバイル・コミュニケーション」部門の営業損益が、950億円になると見込んでいる。2007年には9%あったスマホ市場における世界シェアも、現在では1%を下回るまでに落ち込んでいるとのことで、ソニーの苦境は明らかだ。

 ソニーは、グローバルな市場ばかりか国内での不調も深刻だ。MM総研の調査結果によれば、ソニーの2018年(1~12月)国内携帯電話端末の総出荷台数は299.5万台で、前年比30.6%減となってしまったという。これを受けてか、一部報道によれば、ソニーは約4000人いるというスマホ事業の人員を、2020年3月末までに半減させる可能性まで浮上している。

 一方で好調だったのは、韓国の「サムスン電子」や中国の「ファーウェイ」だ。米調査会社のICDによれば、2018年の世界シェアでサムスン電子は1位(20.8%)を獲得。あのアップル(14.9%)を2位に抑えている。またファーウェイは3位(14.7%)であり、アップルのシェアにも肉薄。さらに市場調査会社のIDCの発表によれば、2019年第1四半期における全世界スマートフォン出荷台数データは、ついにファーウェイがアップルを抜いて2位につけたという。

ソニーXperiaはなぜ負けた? シェア爆増で世界シェア2位を獲得したファーウェイとの決定的な違いのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事