NEW

酷評『ストロベリーナイト・サーガ』あえてリメイクのワケは小出恵介のアノ不祥事か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在放送中の『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)に対する賛否両論が渦巻いている。

 累計400万部を誇る小説『姫川玲子シリーズ』(光文社)を原作に、竹内結子主演でスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』が生まれたのは2010年のこと。その後、連続ドラマを経て2013年には映画化され、21億円超の興行成績を記録するなど大ヒットを飛ばした人気タイトルが、二階堂ふみ主演で連続ドラマとしてリメイクされたのは既報の通り。しかし、視聴率は1桁台と低空飛行が続き、「二階堂ふみと亀梨和也じゃ若すぎる」「姫川シリーズの原作はほかにもあるのに、なぜ同じ話ばかりするのか」などと、SNS上では猛バッシングが吹き荒れているわけだ。

 今回の酷評ぶりを、あるテレビ局のプロデューサーは次のように分析する。

「オリジナルのスペシャルドラマ版で姫川を演じた竹内結子さんと、彼女を慕う部下役の西島秀俊さんがよすぎたんでしょうね。高校時代にレイプされたという暗い過去を持つ姫川玲子の年齢は、原作小説だとアラサ―。当時の竹内さんはちょうど同い年ぐらいでまさに適役でしたが、二階堂さんは現在24歳。どう考えても若すぎます。最初に榮倉奈々さんにオファーしたようですが、彼女は現在31歳。原作ファンの多い作品ですから、年齢設定は合わせたほうがよかったのではないでしょうか。

 また、オリジナル版は西島さんによる、陰ながら姫川を慕う“引きの演技”が好評でしたが、本作で同じ役をやっている亀梨くんは顔や存在感が派手すぎるからなのか、引きの演技が白々しい。そんな亀梨くんがソロで主題歌を歌っているのも、同じく“引き”イメージからはさらにかけ離れていますよね。さらに本来の主演は二階堂さんなのに、“ジャニーズ行政”で二階堂さんと亀梨くんとのダブル主演を謳っているのも、どうかと思います。すでにオリジナル版で映像化済みの原作を、このミスキャストでリメイクするなんて、そりゃ視聴率も取れないですよ」

酷評『ストロベリーナイト・サーガ』あえてリメイクのワケは小出恵介のアノ不祥事かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事