NEW
相原孝夫「仕事と会社の鉄則」

「自己実現」思想に破壊される新入社員たち…「この仕事は自分に向いていない」の根本的間違い

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

新入社員が半年で壊れていく

 4月に新年度を迎え、新入社員がフレッシュな空気を運んできてくれた職場も多いに違いない。しかし、この状況が秋頃になると、なぜか一変してしまう傾向にある。公益財団法人日本生産性本部が毎年、新入社員を対象に春と秋に行っている意識調査にこの点が端的に表れている。

 2017年度の調査結果を見てみると、「残業が多く、仕事を通じて自分のキャリア、専門能力の向上に期待できる職場」 と「残業が少なく、平日でも自分の時間を持て趣味などに時間が使える職場」と、どちらを好むかとの問いに、後者の「残業が少ない職場」と回答した割合が、春に74.0%だったものが秋には82.5%まで上昇している。また、「自分には仕事を通じてかなえたい『夢』があるか」との問いに「そう思う」と回答した割合は、春が60.1%だったのに対し、秋には40.4%まで低下している。

「条件の良い会社があればさっさと移るほうが得だ」と思うかとの問いに「そう思う」と回答した割合は、春が36.2%だったのに対し、秋は44.0%となっている。これでも売り手市場のなかで第一希望の会社に入社できた割合が増加したせいか、だいぶ数字が近づいてきており、この前年の2016年度では春に28.0%だったものが秋には54.6%と、2倍近くに上昇していた。

 これらの調査結果からすると、入社からわずか半年の間に、新入社員は仕事に対する意欲が薄れ、夢に破れ、早くも転職を視野に入れ始めているということになる。なぜ、このような極端な変化がこれほど短期間に生じてしまうのであろうか。その原因として、日本社会に蔓延している「自己実現」思想が災いしていることが考えられる。

 慶應義塾大学教授(現名誉教授)でキャリア論が専門の花田光世氏は、日本人材マネジメント協会(JSHRM)のシンポジウムでかつて、「キャリア自律思い込み症候群」という話をされていた。「自分の仕事が何か違うんだよね」「今の仕事では成長できない」「自分らしさを出せない」「マーケットバリューを高めることのできる仕事でないと……」といった感情に苛まれ、「新卒が1カ月で壊れていく現状の背景にこうした考え方がある」と指摘されていた。

「自己実現」思想に破壊される新入社員たち…「この仕事は自分に向いていない」の根本的間違いのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事