NEW

佐藤浩市は「安倍首相を揶揄」していたか? バッシング前提で発言抜粋、風刺さえ認めない異常な支持者の空気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

テアトル・ド・ポッシュHPより

 俳優の佐藤浩市が、潰瘍性大腸炎を患う安倍晋三首相を揶揄したとして、一部で批判を浴びている。佐藤浩市は5月24日公開の映画『空母いぶき』で内閣総理大臣の垂水慶一郎役を演じており、映画公開にあたって「ビッグコミック」(小学館)2019年5月25日号にインタビューが掲載された。

 そのなかでの発言が、安倍首相の持病を揶揄しているとしてネトウヨ層を中心に大炎上しているのだ。具体的に炎上要因とされている箇所を引用する。

<最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね>
<彼はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だからトイレのシーンでは個室から出てきます>

佐藤浩市は「安倍首相を揶揄」していたか? バッシング前提で発言抜粋、風刺さえ認めない異常な支持者の空気のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事