NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

丸山穂高議員、永田町で有名だった“酒乱”伝説…東大卒イケメン元官僚の転落

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 その上、2億円を超える金額の領収書がなかったというのですから、首長として不適格者の烙印を押されても仕方ありません。そんな人を推薦していた自民党は見る目がない、ということで、堺市長選は維新が圧倒的有利と見られていたのですが、丸山発言でガラリと雰囲気が変わってしまいました。

 堺市長選で維新が圧勝すれば、衆参ダブル選挙の現実味が低くなるかと期待していたのですが、それも雲行きが怪しくなってきました。秘書たちは、本音では誰も総選挙などしたくはありません。自分たちの雇用の存続も心配ですが、税金が無駄になることをよく体感しているからです。ただでさえ日本の財政は大赤字ですが、そういった意味でも先行きが心配ですね。
(文=神澤志万/国会議員秘書)

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』

あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。

amazon_associate_logo.jpg

丸山穂高議員、永田町で有名だった“酒乱”伝説…東大卒イケメン元官僚の転落のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ロシア丸山穂高北方領土国会議員日本維新の会永田町の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事