NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『腐女子、うっかりゲイに告る。』は究極のLGBTドラマ…『きのう何食べた?』とは異なる魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タイトルのインパクトから「“イロモノドラマ”だろう」とみなす声が多かったが、始まってみると、むしろ真逆。『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』(NHK)は、ピュアな高校生たちの甘く苦い青春ヒューマン作だった。

 土曜23時30分~という深夜帯である上に、『よるドラ』自体の知名度も低いため、話題に上がることは少ないが、それでも「今期イチ」と言い切る熱心な視聴者も少なくない。

 また、忖度なしで放送中のドラマを語り合う『週刊フジテレビ批評』(フジテレビ系)のレギュラー企画「ドラマ放談」で、ライター・イラストレーターの吉田潮氏、日刊スポーツ名物記者の梅田恵子氏、私の3人全員が“今期のおすすめ”に挙げたように、「ドラマフリークほどハマる」作品のようだ。

 一方で、「はやりのLGBTドラマにNHKが飛びついた」「高校生の性描写はやめるべき」などの批判も多く、「どう見たらいいのかわからない」という人がいるのも事実。ここでは、同じゲイが主人公の作品であり、今期最大の話題作になっている『きのう何食べた?』(テレビ東京系)をからめながら、当作の魅力を挙げていく。

マイノリティの切なさを真っ向から描く

 物語は、主人公の高校生・安藤純(金子大地)が、同じクラスの三浦紗枝(藤野涼子)がBL(ボーイズラブ)本を買う姿を目撃したことからスタート。

 紗枝は純がゲイであることを知らずに恋心を募らせ、純はゲイでありながらも結婚して家庭を持つ“普通の幸せ”に憧れることから徐々に距離が縮まり、純は迷いを抱えながらも交際を決意。しかし、5月11日放送の第4話では、「紗枝が純と佐々木誠(谷原章介)のキスを見てしまう」という急展開で幕を閉じた。

 ともに美男である純と誠の濃厚なベッドシーンを見ると、「これぞBL」と思ってしまうし、純と紗枝のキスシーンも高校生同士ゆえの背徳感があった。ただ、これらの性的なシーンは当作の一部にすぎず、最大の魅力ではない。

 制作サイドが描こうとしているのは、マイノリティとして生きることの切なさと、かすかな希望。

 4話でも、純と同じゲイでチャット仲間のファーレンハイトが、両親に理解してもらえず、パートナーに先立たれ、「僕たちみたいな人間はどうして生まれてくるのかな」と後追い自殺をしてしまう。

 さらに、純が能天気なクラスメイトから「家デートどうだったんだよ。結局(紗枝と)ヤレたのかよ」とイジられる。紗枝の腐女子友達に、男同士の壁ドンや服がはだけるシーンの再現をやらされるなどの切ないシーンが続出。

 最後も、純と誠のキスを見た紗枝から「私たちキスしたよね。セックスだってしようとしたよね。できなかったけど……。本当はこの人が好きなの? 答えて!」と問い詰められた純が、「いいじゃん別に。好きなんでしょ、ホモ」と捨てゼリフを吐くシーンで幕を閉じた。

 いずれもマイノリティの切なさが浮き彫りになるシーンを真っ向から描くとともに、相手役を比較的ライトなマイノリティの腐女子が務めることで、ゲイの生きづらさが強調されている。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

『腐女子、うっかりゲイに告る。』は究極のLGBTドラマ…『きのう何食べた?』とは異なる魅力のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事