NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『あなたの番です』が犯した痛恨のミス…異例の“2クールのミステリー”に挑んだ弊害

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの番です|日本テレビ - 日テレ」より

 今春スタートのドラマで「賛否両論」という言葉がもっとも当てはまるのは、『あなたの番です』(日本テレビ系)で間違いないだろう。

 人気者の田中圭を主演に起用したほか、30人超のキャストを揃え、2クールにわたる本格ミステリーに挑戦。同枠で放送されていた前期『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』と前々期『今日から俺は!!』が連続ヒットしたことも踏まえ、放送前の期待値は最高レベルにあった。

 序盤の否定的な意見は、そんな期待値の裏返しともいえるが、そこに「企画・原案 秋元康」の名前に食いついた人々が加勢。ドラマを見ていないであろう人々も含めて、批判の声が増えていった。

 しかし、その一方で「ほかにはないサスペンス&ミステリーで犯人を予想するのが楽しい」「いろいろ謎めいてきて続きが気になる」などの称賛も、少しずつ上がり始めている。いまだ批判のほうが圧倒的に多いが、『3年A組』『今日から俺は!!』がそうだったように、中盤以降、右肩上がりに称賛を集めていく可能性はあるのか? さまざまな角度から考えていきたい。

死体の描写はエスカレートする一方


 当作最大のテーマである“交換殺人”は30人超の大量キャストあってのものだけに、まずは「登場人物をどのように見せて理解してもらうか?」が重要だった。

 そこで制作サイドが利用したのは住民会。これを初回から何度も行い、しかも話し合いのシーンを長めに取ることで、登場人物の理解を促そうとしている。ところが、「ひとつの場所に一同が集まる」この方法では、視聴者に登場人物の名前と特徴を覚えさせ、魅力を感じてもらうのは難しい。

 実際、「いっぺんに見せられても、誰がどんな名前で、どういう人なのか、わからない」「キャラをつかめず、特徴も魅力もわからないまま物語が進んでしまう」という戸惑いで早期離脱した人は少なくなかった。

 たとえば、プロレスには“時間差バトルロイヤル”という試合形式があり、それは一定時間ごとに新しい選手を次々に登場させることで、観客が名前と特徴をつかみ、魅力を引き出そうとしているが、当作の第1話もそういう配慮が必要だったのではないか。このあたりは、「“2クールのミステリー”という、慣れない上に難易度の高いことに挑んだ弊害が出ている」と言われても仕方がないだろう。

 次に、“交換殺人”のミステリーは、まだほとんど解明されていない半面、凄惨なカットは回を追うごとにエスカレートしていて、これが賛否を分ける大きな要因となっている。

 ここまでは直接的な殺人のシーンこそないが、窓の外から吊るされる、バラバラにされて首をランドリーに入れられる、ダイニングに座ったまま袋をかぶせられるなど、死体の描写はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の反響を狙ったようなホラーテイストを徹底。日曜夜に寝つきが悪くなりそうな凄惨なカットをわざわざ入れているのだから、「生理的に嫌」という人がいるのは当然だろう。

 ただ、ここまで徹底していれば、「いつの間にか、それを待っている自分がいる」「これがないと物足りない」と、一周回ってやみつきになる可能性もあるだけに、さらにエスカレートさせてもいいのかもしれない。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

『あなたの番です』が犯した痛恨のミス…異例の“2クールのミステリー”に挑んだ弊害のページです。ビジネスジャーナルは、連載、あなたの番ですドラマ日本テレビの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事