NEW

JR福知山線事故、現場解体し“覆い隠す”施設建設…負の痕跡消去に被害者遺族から反発も

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,

JR福知山線事故、現場解体し“覆い隠す”施設建設…負の痕跡消去に被害者遺族から反発もの画像3事故発生時間に現場を通過する列車、後方は衝突されたマンションが建っていた場所

 変わりゆく現場をビデオカメラに収め続けてきた上田さんは現在、姫路市のJR施設に保管され、最終保管場所が決まっていない4両の事故車両を事故現場で保存するよう来島社長に直接、要望している。マンション東側の広場には犠牲者の名を刻む慰霊碑などがあるが、上田さんは「北側の広いスペースで保管できる。車両がなければ現場ではない。亡くなった人の思いを伝えるために現場に保存して誰でも見られるようにすべきだ」と訴える。

歴代社長3人は無罪

 JR史上最悪の事故は、制限速度が時速70キロの急なカーブを、ミスによる遅れを取り戻そうと焦ったとみられる21歳の運転士が、116キロで飛ばした快速列車が線路から飛び出してマンションに激突したというもの。当時の鉄道事業本部長一人が起訴されたが無罪となり、不起訴となった歴代社長3人は検察審査会の議決で強制起訴されたが、無罪となった。業務上過失罪は個人にしか適用できず、藤崎さんらは会社などに対する組織罰を求めている。

 さて、東北では侃々諤々の議論の末、津波の遺構はほとんどの物が、撤去解体されてしまった。「見たくない」との遺族の意向が反映したが、天災でもそうなのだ。ましてや明らかな人災なら、加害者側は痕跡を後世に残さないようにしたい。以前、財政破綻した夕張市の取材の際、若き日に取材した、大事故を起こした炭鉱の跡地に行ってみたが何もなかった。

 一方、数年前、チェルノブイリ(ウクライナ)を訪れた時、キエフで原発事故の博物館を見学した。亡くなった原発職員や消防隊員の遺品なども残され、記録ニュースも上映されるなど、充実した内容の展示だった。もちろん、旧ソ連が崩壊していなければそんな博物館をつくったとは考えにくい。しかし振り返って、日本が福島原発の事故を物語る博物館をつくることなど、ありえないだろう。

「悲劇の象徴」の力学では、消したり隠したり姿を変えたいベクトルが強いようだ。
(写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト)

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合