NEW
平林亮子と徳光啓子の「女性公認会計士コンビが教える、今さら聞けない身近な税金の話」

最大800万円も非課税で投資できる方法? 初心者でも安心

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 今回はつみたてNISAについて、女性公認会計士コンビ、先輩の亮子と税務に強い後輩の啓子が解説していきます。

亮子「つみたてNISAで投資できる商品って限られているよね」
啓子「一定の要件を満たす投資信託等になりますね」
亮子「個別の株には投資できないのだよね」
啓子「投資できるものが限られているから選びやすい、と考えることもできますよ」

非課税枠は最大800万円×最長20年

 つみたてNISAとは、あらかじめ決まった金額を定期的に購入する積立投資によって得た運用益が非課税となる制度です。20年間、毎年40万円の投資枠が用意されますので、最大800万円まで非課税で投資できることになるというものです。それぞれの非課税枠の非課税期間は20年。もちろん、積立NISAを始めたからといって、途中でやめられないということはなく、20年間積立をやり続けなくてはならないということでもありません。それだけの非課税枠を利用できる、ということです。

 ざっくり言えば、最大800万円の投資が最長20年間非課税でできるということになります。

 仮に元本の変動はなく年利1パーセント(単利)の利回りを実現できたとしたら、

・800万円×1%×20年=160万円

の利益(利息や配当)を得ることができますが、現行制度を前提に考えると、通常この160万円には20.315%の税金が課せられます。つまりトータルで

・160万円×20.315%=約32万円

の税金が課せられます。ここで、つみたてNISA口座を使って同様の投資をすれば、この税金がかかりませんので、約32万円の節税につながるというわけです。

 投資の元本の値上がりがあれば、さらにその分も節税になりますので、この制度を利用する価値は大いにあると思います。

つみたてNISAの節税以外のメリット

 つみたてNISA口座で購入できるのは従来のNISAと異なり、国が定めた基準を満たした投資信託商品に限られます。投資信託は投資信託協会のデータによれば公募型のものでも6,000本以上存在していますので、そのなかから実際にどれを購入するか選択するのは至難の技でしょう。

 この点、つみたてNISAは国の厳しい基準をクリアした商品に限定されているため、投資初心者にも優しい制度なのです。金融機関にもよりますが、「月々100円から積立可能」という金融機関もあり、毎日積立、毎週積立、毎月積立など、自分自身のペースに合わせて投資をすることができます。また、時期に関係なく売却して積立資金を引き出すことができるので、無理なく積み立てることができます。

最大800万円も非課税で投資できる方法? 初心者でも安心のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事